日出生台演習場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日出生台演習場(ひじゅうだいえんしゅうじょう)とは、大分県玖珠郡玖珠町玖珠郡九重町由布市宇佐市にまたがる陸上自衛隊演習場である。日出生台の中央部にあり、総面積は約4,900haで西日本最大の演習場である。

概要[編集]

日出生台演習場で馬に乗るやなせたかし(1940年ごろ)

演習場の大部分は玖珠町に属しており、東側の一部が由布市、南西側の一部が九重町、北東側の一部が宇佐市となっている。演習場の管理は、湯布院駐屯地業務隊日出生台演習場管理班

明治時代の日出生台は、森林が失われ土壌のやせた農業には適さない草原であったが、仮想戦地となる満州の地勢に似ているとして旧陸軍の演習地として利用されることとなった。初代演習場主管となった横田穰は、水不足の対策、治山治水、集団移転する農民の従事する産業育成のため、植林事業に私財を投じて取り組んだ。当初は反発もあったものの、横田による生活改善の様々な取り組みと、その人柄により地区住民から慕われるようになり、25年間で460万本の苗木を植林、1500ヘクタールを緑化した。[1]

演習場の西には第4戦車大隊第8戦車大隊などが駐屯する玖珠駐屯地があり、演習の際には戦車道と通称される駐屯地と演習場の間のコンクリート舗装された公道(戦車道は大分県道679号川上玖珠線大分県道409号下恵良九重線、玖珠町道からなり、途中で国道387号を横切り、大分自動車道の高架下を走る。)を戦車などが移動する。また、戦車道沿いに、道の駅童話の里くすがあり、見学する一般人も多い。

また、東には西部方面特科隊が駐屯する湯布院駐屯地が駐屯しており、戦車道に対照して特科道と呼ばれている(大分県道50号安心院湯布院線と由布市道がコンクリート舗装されている)。

演習場では、230日の実弾演習を含む年間330日の演習が行われており、戦車砲、りゅう弾砲、迫撃砲、対戦車ミサイル、機関砲などの実弾射撃が実施される。在日米軍も使用する。

演習場内は関係者以外立ち入り禁止となっているため、1000頭を超すシカイノシシが生息しており、周辺で農作物食害が広がっているため、演習の実施されない年末年始に限って、地元猟友会による有害鳥獣捕獲が行われている。[2]

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Viento~おおいたの風~ vol.1 「先人の軌跡 横田穰-日出生台植林の父」”. 大分県. 2015年1月5日閲覧。
  2. ^ 松本健造 (2014年12月17日). “大分)日出生台演習場のシカ 年末年始に猟銃で捕獲へ”. 朝日新聞. 2015年1月5日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]