日光そばまつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日光そばまつり(にっこうそばまつり)は、日光市蕎麦や物産を全国にPRするために、年に1回開催されているイベントである。

概要[編集]

2002年の「第8回日本そば博覧会」の開催をきっかけに、「今市そばまつり」が始まる。日光市との合併に伴い、2006年から「日光そばまつり」に名称が変わり、2008年で7回目を迎える人気のイベント日光だいや川公園で開催され、日本各地の蕎麦コーナーには数十のブースが設けられ、日光をはじめ、北海道福島広島などから選りすぐりのお店が自慢の蕎麦を披露。各地の味を食べ歩くことができる。また、物産展や「全国素人そば打ち段位認定大会」(要事前申込)、郷土芸能のステージなども開催される。なかでも人気が高いのが、蕎麦打ち名人として全国的に知られる、高橋邦弘の蕎麦店「雪花山房 達磨」のブースである。蕎麦店のブースの中で唯一整理券の配布されるブースで、大抵午前中には整理券が無くなってしまうほどの人気である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]