日什

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日什
1314年 - 1392年
玄妙阿闍梨
生地 陸奥国
没地 陸奥国
宗派

顕本法華宗

寺院 = 妙満寺
慈遍
弟子 日仁
妙国寺

日什(にちじゅう、1314年6月11日正和3年4月28日) - 1392年3月22日明徳3年2月28日))は、南北朝時代法華宗顕本法華宗の開祖。陸奥国の出身。号は玄妙阿闍梨。幼名は玉千代丸、後に権太夫国重と名乗る。

略歴[編集]

1314年(正和3年)陸奥国会津黒川で誕生する。父は鎌倉出身の石堂覚知[1]、母は蘆名盛宗の娘、清玉姫。1333年(正慶2年)比叡山に登り天台宗慈遍吉田兼好の兄)を師として出家する。名を玄妙と改める。1352年(文和元年)延暦寺の学頭となる。1372年(応安5年)会津領主の蘆名直盛の招きにより、現・羽黒山湯上神社別当寺・羽黒山東光寺(廃寺)の住職となる。1380年(康暦2年)日蓮宗弘法寺帰伏する。名を日什と改め前述の帰伏を破棄。1381年(永徳元年)帝都弘通のため上洛する。関白らと対面し、これを通じて後円融天皇へ上奏し、「二位僧都」の位と「洛中弘法の綸旨」を賜る。1382年(永徳2年)足利氏満へ諌暁する。本興寺の住持となる。本光寺を創建する。1383年(永徳3年)玄妙寺を創建する。1389年(康応元年)日什は妙満寺を建立し、日什門流という一派を興す。1391年(明徳2年)足利義満へ諌暁する。1392年(明徳3年)日什は入滅する。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石堂氏の一族か[要出典]