日下翔平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くさか しょうへい
日下 翔平
本名 所 宏吏
生年月日 (1964-01-14) 1964年1月14日(56歳)
出生地 日本の旗埼玉県大宮市
(現・さいたま市[1]
身長 178cm
職業 俳優
主な作品
映画
マイフェニックス
テレビドラマ
機動刑事ジバン
テンプレートを表示

日下 翔平(くさか しょうへい、1964年1月14日[2] - )は、日本の元俳優。本名、所 宏吏[2]

埼玉県[2]大宮市(現・さいたま市)出身[1]。身長178cm[2]。俳優を引退後は、タレントマネージャーの仕事をしている[3]

来歴・人物[編集]

中学3年生時に同級生に誘われ、児童劇団・東京宝映に所属し、CMやドラマなどに出演[3]。当初は本名の"所 宏吏"で俳優活動をしていたが、埼玉県立北本高等学校[1]卒業時たむらプロ移籍の際に芸名を"日下 翔平"とした[3]。芸名の名付け親はたむらプロ社長の田村恭一[3]1988年の『世界忍者戦ジライヤ』(テレビ朝日)では磁雷矢 / 山地闘破役のオーディションを受けたが落選してゲスト世界忍者・紙忍折破を演じ、2度再登場している[3]。その後番組である『機動刑事ジバン』では主人公のジバン / 田村直人役を演じた[3]。『ジバン』は前番組の『ジライヤ』に3回出演していることからオーディションなしで決まった。

25歳頃にたむらプロを退所し、俳優を引退[3]。引退の理由として日下は「俳優・日下翔平はジバンで完結している」と述べている[3]。引退から2年後、たむらプロに戻り、同社のマネージャーを務めた後、有限会社エクステンションへ移籍[3]。国際弁護士八代英輝のマネージャーを務めている[3]

2009年に発売された『ジバン』のDVDの特典映像のインタビューに答え、「またジバンをやりたい」と意気込みを見せていた。

『ジバン』のスーツアクターを務めた横山一敏は、日下とはよく飲みに行ったといい、2018年のインタビューでは現在も連絡をとっていると述べている[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 野田秀樹の十二夜(1986年、日生劇場) - 祭りの人びと

CM[編集]

音楽[編集]

アルバム

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1984年1月20日号 p.44
  2. ^ a b c d 日本タレント名鑑'90』VIPタイムズ社、1990年、86頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 秋田英夫(インタビュー)「INTERVIEW 日下翔平」『東映ヒーローMAX』Vol.27、辰巳出版、2008年11月、 78-81頁、 ISBN 978-4777805907
  4. ^ 「スーパー戦隊制作の裏舞台 横山一敏」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1997 電磁戦隊メガレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年6月25日、32頁。ISBN 978-4-06-509610-9