族長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

族長(ぞくちょう)は旧約聖書に登場するヘブル人(古代イスラエル人)の開祖のことを指す用語である。

一般には、アダムからノアまでの大洪水以前の人類の先祖と、ヤコブの12人の子供たち、とダビデを指して用いられてきた。しかし、今日ではアブラハムイサクヤコブに限定される傾向がある。これらの、族長の生きていた時代を族長時代といい、旧約聖書の創世記に記録されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]