旃陀羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旃陀羅(せんだら)とは、日本の中世の一時期から仏教経典の用語を概念化して、主として僧侶や知識層に広まった、被差別民への呼称。

語源[編集]

インドの被差別民チャンダーラが漢音訳されたものである。『マヌ法典』では首陀羅(しゅだら)の父と婆羅門(ばらもん)の母との混血児をいう。

経典[編集]

経典『観無量寿経』の一節に登場する[1][2]

日蓮[編集]

日蓮宗の開祖日蓮は、安房の国の「旋陀羅」出身だと自称していたと伝えられるが[3]、その真偽については現在も論争が続いている。一説には殺生に携わる漁民と関わりの深い出自であるが故、死穢を差別の正当化と直結させがちな他宗派の批判のためにあえて旃陀羅出自を称したとも考えられている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “経典の中の差別語問題 真宗大谷派が謝罪 書き換えられない文言、問われる解決のかたち”. 京都新聞. (2021年9月18日). https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/640716 2021年9月20日閲覧。 
  2. ^ “真宗教団連合公開講座 テーマ「是栴陀羅と差別問題について」”. 文化時報プレミアム. (2019年9月14日). https://bunkajiho.co.jp/blog/?p=1426 2021年9月20日閲覧。 
  3. ^ 『佐渡御勘気抄』に「海辺の旃陀羅が子なり」とある。

関連項目[編集]