方波見大志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

方波見 大志(かたばみ だいし、1980年 - )は、日本小説家千葉県生まれ。

経歴[編集]

千葉県在住。海城高等学校卒業。大学在学中から作家を志し投稿を重ねる。2003年、「虚」が第10回日本ホラー小説大賞(短編部門)の候補作に選ばれる[1]2005年、「人体愛好家」が第4回『このミステリーがすごい!』大賞の候補作に選ばれる[2]2006年、『削除ボーイズ0326』で第1回ポプラ社小説大賞大賞を受賞[3]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 日本ホラー小説大賞受賞作・候補作一覧1-23回|文学賞の世界
  2. ^ 『このミステリーがすごい!』大賞 » 最終審査講評
  3. ^ ポプラ社大賞に方波見さん/小説で最高の賞金2千万円 | 全国ニュース | 四国新聞社

外部リンク[編集]