新関八洲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新関 八洲太郎(にいぜき やすたろう、1897年(明治30年)4月2日 - 1978年5月30日)は、埼玉県浦和市出身の実業家で、元三井物産社長会長

略歴[編集]

  • 1897年(明治30年) 埼玉県庁職員の子として、埼玉県浦和市(現・さいたま市)に生まれる。
  • 埼玉県師範学校附属小学校、津久戸小学校を経て吉井小学校卒業。
  • 富岡中学校を経て錦城中学校卒業。
  • 1918年(大正7年)3月、東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業。クラスメートに大屋晋三三杯一太郎らがいた。
  • 1918年(大正7年)4月、山下汽船入社。
  • 1919年(大正8年)3月、三井物産入社。マルセイユ支店に赴任。
  • 1920年(大正9年)11月、ハンブルク支店に赴任。
  • 1923年(大正12年)10月、日本に帰国。会計課、営業部長秘書、営業部輸入雑貨掛、レーヨン掛に勤務。
  • 1936年(昭和11年)平壌派出員。
  • 1939年(昭和14年)メルボルンに赴任。
  • 1941年(昭和16年)バンコク支店長。
  • 1942年(昭和17年)バタビア支店長。東條英機首相が現地視察した際、「在留邦人代表新関八洲太郎であります。」と述べる。
  • 1943年(昭和18年)奉天支店長。
  • 1945年(昭和20年)8月19日、ソ連軍が侵入し、その後、中国共産党軍、国民党軍の支配下に置かれた。
  • 1946年(昭和21年)8月15日、新京を発ち博多に帰国。
  • 1947年(昭和22年)3月、三井物産の重役が全員パージになり、常務取締役に就任。
  • 1947年(昭和22年)10月、財閥解体により、第一物産社長に就任。
  • 1956年(昭和31年)松永安左エ門の私的シンクタンク産業計画会議委員に就任。
  • 1959年(昭和34年)三井物産社長に就任。
  • 1961年(昭和36年)三井物産会長に就任。
  • 1978年(昭和53年)5月30日、81歳にて死去。

参考文献[編集]

  • 『私の履歴書 経済人1』(日本経済新聞社、1980年) - 昭和31年11月日本経済新聞に連載
  • 佐々木聡編『日本の戦後企業家史-反骨の系譜』(有斐閣選書、2001年)第9章
  • 新関暢一編『いたらぬ過去を顧みて:新関八州太郎回想録』(2000年、中央公論事業出版)

関連項目[編集]


先代:
(初代)
三井物産社長
初代: 1947年 - 1961年
次代:
水上達三