新興写真研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新興写真研究会(しんこうしゃしんけんきゅうかい)は、木村専一が中心となって結成した、かつて存在した日本の写真家団体である。

略歴・概要[編集]

オリエンタル写真工業(現在のサイバーグラフィックス)の宣伝課内に置かれた「フォトタイムス社」が刊行した写真雑誌『フォトタイムス』の編集主幹・木村専一は、1929年から同誌に「モダーンフォトセクション」というページを設け、新しい写真の動向を積極的に紹介した。これが本研究会結成の基礎となる。

1930年に結成。名前の通り、新興写真を志向しており、その一大拠点となった。本会の名称が「新興写真」の名前を生み出したとも言われる。

主要メンバーは、木村のほか、堀野正雄渡辺義雄伊達良雄(1907年-1946年)、古川成俊(1900年-1996年)、光村利弘(1901年-1943年)ら。

結成と同年に『新興写真研究』という会誌を発行し、写真作品や板垣鷹穂らの論文を掲載していたが、木村専一の渡欧により、翌年発行の第3号で休刊した。ただし、展覧会を全部で7回、1930年から1932年まで開催していることから、会自体は1932年までは存続していることがわかる。

雑誌『新興写真研究』の執筆者等[編集]

  • 第1号(1930年11月)
    • 論文等の執筆者:板垣鷹穂、木村専一、堀野正雄、佐藤黒人、平野譲、田村栄
    • 掲載された写真作品の撮影者:堀野正雄、伊達良雄、玉置辰夫、小川三郎、西山清、吉岡敬三、榊原松籟、鉄 末次郎、徳堂翠鳳、窪川得三郎、宮越吉松、寺川良輝
  • 第2号(1931年1月)
    • 論文等の執筆者:木村専一、平野進一、堀野正雄、平野譲、伊達良雄
    • 掲載された写真作品の撮影者:堀野正雄、黒沢中央、玉置辰夫、木村専一、光村利弘、渡辺義雄、石山泰久、飯田幸次郎、平野進一、寺川良輝、阪玉陽、西山清、田村栄
  • 第3号(1931年7月)
    • 論文等の執筆者:木村専一、堀野正雄、平野譲、佐藤黒人
    • 掲載された写真作品の撮影者:堀野正雄、木村専一、田村栄、窪川得三郎、西山清、吉岡敬三、渡辺義雄、平野進一、伊達良雄、古川成俊、光村利弘、寺川良輝

研究会への主たる参加者[編集]

  • 主幹:木村専一
  • 顧問:板垣鷹穂、衣笠貞之助、鈴木重吉、石川寅治、荻島安二、小松栄
  • 賛助顧問:結城真之輔
  • 同人:西山清、窪川得三郎、寺川良輝、堀野正雄、榊原松籟、鉄 末次郎、吉岡敏三、海部誠也、小林祐史、三国庄次郎、黒田六花
  • 幹事:玉置辰夫、渡辺義雄、田村栄、伊達良雄、平野譲、塩谷成策
  • 主たる会員:飯田幸次郎、宮越吉松、小川三郎、佐藤黒人、平野進一、徳堂翠鳳、花和銀吾、阪玉陽、石山泰久、黒沢中央、古川成俊、光村利弘、福田勝治、高尾義朗(全50名程度)

(注)新興写真研究会存続期間中のうち、一部期間についてのみ、該当する者も含む。「同人」は、幹事会により、「会員」から選ばれる。「幹事」は、選挙により、「同人」または「会員」から選ばれる。

参考文献[編集]

  • 金子隆一・新興写真研究会についての試論・東京都写真美術館紀要第3号(2002年):以下の資料を含む
    • 資料1. 機関誌『新興写真研究』総目次
    • 資料2. 新興写真研究会会員一覧
    • 資料3. 新興写真研究会展
  • フォトタイムス写真選集・木村専一編・フォトタイムス社・1926年
    • 掲載されている主要な写真家:高田皆義、西山清、菊地東陽、窪川得三郎、安本紅陽、南実、竹田梅汀、木村専一、真継不二夫、石田喜一郎、吉野銈一郎、掛札功、飯田幸次郎、唐健吾、森一兵、小石洌、山田秀光、浅野松雨、橋本秋月、伊藤蒼海、前田悟迷

関連項目[編集]