新美育文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新美 育文(にいみ いくふみ、1948年 - )は、日本法学者弁護士。専門は民事法明治大学法学部教授、安心ネットづくり促進協議会会長、法務省司法試験考査委員等を歴任。

人物・経歴[編集]

愛知県半田市生まれ[1]名古屋大学法学部卒業。名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了[2]法学修士[3][4]。1987年から明治大学法学部教授を務めた[4]。2014年安心ネットづくり促進協議会会長。弁護士でもあり、交通事故紛争処理センター理事長、クレジット・カウンセリング協会会長、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構理事[5][1]法務省司法試験考査委員通商産業省産業構造審議会委員、経済企画庁国民生活審議会委員なども歴任した[6][7]。また、環境省中央環境審議会動物愛護部会長として、動物の愛護及び管理に関する法律の改正にあたるなどした[4]

著作[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • ローレン・B・レベトン『HIVと血液供給』(監訳)日本評論社 1998年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 安心ネットづくり促進協議会会長 明治大学法学部専任教授・弁護士 新美育文
  2. ^ [1]明治大学
  3. ^ 「新美 育文 NIIMI Ikuhumi」明治大学
  4. ^ a b c 吉田弁護士×新美明大教授 「働く猫」の労働時間が伸びた意味sippo2016/06/27
  5. ^ 2016/11/10 先輩の話を聞く会半田市立亀崎中学校
  6. ^ [2]明治大学
  7. ^ 平成13年度司法試験第二次試験考査委員名簿