新美卯一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新美 卯一郎(にいみ ういちろう、1879年1月12日 - 1911年1月24日)は、明治期社会主義者である。幸徳事件大逆事件)で処刑された12名の1人。

略歴[編集]

熊本県出身。熊本県尋常中学校卒業。東京専門学校中退。

1907年松尾卯一太と『熊本評論』創刊。宮崎民蔵宮崎滔天の次兄)によって組織されていた土地復権同志会に紙面を提供する。1910年の幸徳事件(大逆事件)で検挙され、1911年1月24日8時55分、市ヶ谷刑務所絞首刑が執行された。32歳没。

関連書籍[編集]