新羅丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新羅丸(しらぎまる Shiragi maru)は鉄道省関釜航路青函航路鉄道連絡船。高麗丸型の第2船である。姉妹船には高麗丸がある。

船名は古代の朝鮮半島南東部にあった国家、新羅に由来する。


新羅丸
画像提供依頼
概歴
建造 1913年3月
解体 1945年5月
要目
船種 客船
総トン数 3,107t
全長 97.5m
全幅 13.1m
機関
出力 4,676hp
航続距離
速力 16.0kt
乗客定員 603名
貨物積載量
姉妹船 高麗丸

航跡[編集]

就航[編集]

関釜連絡船には、開設以来、壱岐丸対馬丸が就航していたが、1912年新橋 - 下関の1・2等特別急行列車、及び釜山 - 奉天の直通列車が運行開始すると、新橋から関釜航路経由で奉天へ向かうルートが完成し、利用者増加に伴う関釜航路の大型船が必要となった。

2隻の新造船(高麗型)は1912年川崎造船所で建造が開始され、第1船の高麗丸が1913年1月、第2船の新羅丸は1913年3月に就航する。

機関が故障しても帆走できるようにマストが設置されていた。内装では壱岐丸と対馬丸で不評であった多段ベッドを廃止し、客室を畳敷きの広間にするなど、改良が行われている。

連絡船[編集]

新羅丸は1913年4月から関釜航路で運行され、1925年には無線電話が設置される。1932年3月から7月までは第一次上海事変のとき陸軍病院船として宇品 - 上海間で使用される。

1937年に貨物専用船に改造され、1941年7月には青函航路の輸送力増強の臨時航路(本輪 - 塩釜)で就航し、1942年6月10日に正式に青函航路に転属となる。1944年3月から4月には海軍に貸与されている。それ以降は青函航路以外にも新潟 - 大泊大湊 - 択捉島の臨時航路でも使用される。

1945年5月25日、修理を終え下関に向かう途中、関門海峡部埼灯台沖で触雷により沈没する。

船長[編集]

  • 松原善之助 鉄道院技師:1913年3月14日 -

参考文献[編集]

外部リンク[編集]