新穂高温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 新穂高温泉
ShinHodaka-no-Yu.jpg
新穂高の湯
温泉情報
所在地 岐阜県高山市
交通 高山駅よりバスで約90分
松本駅よりバスで約120分
富山駅よりバスで約140分
泉質 泉質の節参照
宿泊施設数 52
外部リンク 新穂高温泉観光協会
テンプレートを表示
蒲田川の岸に湧く源泉の1つ
温泉街の対岸にある中崎発電所

新穂高温泉(しんほたかおんせん)は、岐阜県高山市(旧国飛騨国奥飛騨温泉郷にある温泉

泉質[編集]

  • 新穂高地区
  • 蒲田地区
  • 単純温泉、炭酸水素塩泉
  • 中尾地区
  • 単純温泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉

温泉街[編集]

温泉街は広範囲に広がり、最奥部の「新穂高地区」、栃尾温泉寄りの「蒲田地区」、高台に位置する「中尾地区」の3地区に分かれ、それぞれ源泉が違う。

最も歴史が古い新穂高地区には新穂高ロープウェイの駅があり、北アルプス穂高連峰登山基地ともなっている。 また寸志で入浴可能な露天風呂「新穂高の湯」や、ロープウェイ近くのバス発着場には飲泉場がある。

昭和に入ってから源泉が発見された中尾地区には、「足洗いの湯」という足湯が存在し、眺望が良く、穂高連峰をはじめ槍ヶ岳笠ヶ岳錫杖岳などが一望できる。

豊富な湯量を活かして、各旅館も巨大な露天風呂を有しているところが多い。

栃尾温泉と新穂高温泉を結ぶ県道475号の内、新穂高温泉街の手前(神坂トンネル出口付近)から中尾温泉口(新穂高の湯の直前)までを結ぶ「蒲田バイパス[1]」の建設により、観光シーズンの大型車の通行による渋滞や、落石・雪崩による通行止めといった問題が解消された。

歴史[編集]

開湯時期は不明。戦国時代には武田信玄の家来が入湯したとも言われることから、開湯はそれ以前と考えられる。

戦後の登山ブームによりこの地を訪れる登山者が急増し、北アルプス登山の拠点となった[2]井上靖が小説『氷壁』の舞台としたのはこの地にある中崎山荘で、同山荘の温泉はツムラ入浴剤のモデルにもなったが、蒲田川の砂防工事のために2007年10月閉館。2010年4月より日帰り入浴施設として再開している[2]

昭和43年11月19日 - 奥飛騨温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定された。

登山道[編集]

新穂高温泉の最奥部新穂高地区は、北アルプスの焼岳西穂高岳奥穂高岳槍ヶ岳双六岳笠ヶ岳などへの登山道の起点となっている。また地区の中央には新穂高登山指導センター(高山市立新穂高センター[3]内)があり、ここから登山に向かう登山者に対する情報提供・登山届提出場所となっている。新穂高ロープウェイを経由する場合以外は、蒲田川左俣谷林道(双六岳・笠ヶ岳方面)および右俣谷林道(槍ヶ岳・奥穂高岳方面)が主要登山道へ接続する道となっている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜県古川土木事務所 道路建設課 による 整備中当時 および 開通後 の蒲田バイパスの説明
  2. ^ a b 『hitomi』No.2、まちなみカントリープレス、2010年、P.14
  3. ^ http://www.city.takayama.lg.jp/shisetsu/1004141/1004487/1005412.html

外部リンク[編集]