新田渉世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新田 渉世
基本情報
本名 新田 渉世
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1967-06-26) 1967年6月26日(51歳)
出身地 神奈川県秦野市
スタイル 右ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 23
KO勝ち 17
敗け 9
引き分け 2
テンプレートを表示

新田 渉世(にった しょうせい、1967年6月26日 - )は、神奈川県秦野市出身の元プロボクサー1994年よりリングネーム新田 勝世(読み同じ)と改めた。現在は川崎新田ボクシングジム会長、日本プロボクシング協会理事、事務局長。

来歴[編集]

小学6年時に「あしたのジョー」を読みボクシングにあこがれる。高校3年で金子ボクシングジムに入門してボクシングを始め、横浜国立大学教育学部2年の1987年5月28日、プロデビュー。大学は6年かけて卒業。在学中の大学3年の10月に結婚し、子どももいたため子連れ国大生ボクサーとして知られた[1]


1996年10月21日、呉張均が持つOPBF東洋太平洋バンタム級王座に挑戦しタイトル獲得。「国立大卒初の王者」として話題になった[2]

1997年6月20日、高仁植相手に初防衛に挑むが敗退。この試合を最後に引退し渡米。

1999年に帰国しケンウッドに入社。

退社後の2003年2月、川崎市多摩区に新田ボクシングジムを設立。同ジムは2010年に「川崎新田ボクシングジム」と改称した[3]

2004年、東日本ボクシング協会書記担当理事に就任。

2006年の黒田雅之[4]、2007年の岳たかはし、2008年の古橋大輔[5]と3年連続で新人王を輩出した。

2010年8月からは東日本ボクシング協会「暴力団等排除対策協議会の設立準備委員会」の委員長を務める[6][7]。また同じ8月から川崎新田ジムの所属選手はパトロール用のビブスを着用してジム所在地の多摩区を走る「防犯ロードワーク」を実践している[8][9]

2006年5月、東日本ボクシング協会が設立した「袴田巌再審支援委員会」(会長輪島功一が委員長)の実行委員長をつとめる。

2011年より、全国組織の日本プロボクシング協会 袴田巌支援委員会委員長に就任。

2013年9月、日本プロボクシング協会理事、事務局長に就任。

戦績[編集]

34戦23勝 (17KO) 9敗2分

脚注[編集]

  1. ^ 第7回 新田 渉世さん 横浜国立大学 2008年1月10日
  2. ^ 川崎初の世界王者だ!2・27黒田が挑戦 フロンターレ全面支援 スポーツニッポン 2012年1月11日閲覧
  3. ^ 「地域密着」を掲げ、ボクシングジム動き出す 神奈川新聞 2010年3月28日閲覧
  4. ^ MVPも獲得
  5. ^ 準決勝では片桐秋彦との同門対決を制した。
  6. ^ プロボクシング協会が暴力団排除へ動く 日刊スポーツ 2010年8月8日閲覧
  7. ^ 暴力団排除対策会の準備委メンバー発表 日刊スポーツ 2010年8月23日閲覧
  8. ^ ボクシングジムがロードワークで地域防犯、ゼッケンつけ街見回る 神奈川新聞 2010年7月31日閲覧
  9. ^ 川崎新田ジム ボクサーまち見張る ロードワークをパトロールに タウンニュース多摩区版 2010年8月6日閲覧

著書[編集]

  • 『リングが教室。』ポプラ社 2007年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
呉張均
第31代OPBF東洋太平洋バンタム級王者

1996年10月21日 - 1997年6月20日

次王者
高仁植