新田基氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
新田基氏
時代 鎌倉時代末期
生誕 建長5年(1253年
死没 元亨4年/6月11日1324年7月2日
改名 沙弥道義
墓所 群馬県太田市円福寺
幕府 鎌倉幕府
氏族 河内源氏義国流、新田氏
父母 新田政氏赤橋秀時の娘?
兄弟 基氏細谷国氏下細谷知信(三郎智信)、
西谷重氏安養寺快義安養寺貞氏
今井惟氏足利家時
朝氏満氏(義政)、義量義円朝谷義秋

新田 基氏(にった もとうじ)は鎌倉時代武将鎌倉幕府御家人新田氏本宗家の6代当主。新田政氏の五男。子に新田朝氏など。新田義貞の祖父にあたる。  

経歴[編集]

父・政氏の没後、五男でありながら兄たちを差し置いて、19歳で新田氏の当主となった。

兄達の早世の記録は不明だが、当主になった経緯により、生母は当時の最高権力者である北条氏の一門赤橋氏一族の赤橋秀時の娘と推測する説がある。

一族の大舘家氏による水田を巡る抗争で、園田庄の当主である園田秀俊藤姓足利氏一族)と新田一族(母系)の岩松経兼とその子の岩松朝兼岩松政経兄弟と争う報を受けて大舘家氏の子である宗氏を擁護した。しかし、幕府からは園田・岩松の両氏に優位になるような処置を受けた。

1324年に72歳で没した。「沙弥道義七十二逝去元亨四季甲子六月十一日巳時」(円福寺五輪塔銘の原文)『新田氏根本資料』より。

墓は、群馬県太田市円福寺にある。


先代:
新田政氏
新田氏歴代当主
-
次代:
新田朝氏