新生児死亡率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新生児死亡率(しんせいじ しぼうりつ)とは、生後4週間(28日)未満の新生児死亡率である。医療衛生状態による国・地域ごとの差が大きい。国際連合児童基金(ユニセフ)の2017年時点推計による1000人当たりの死亡数で、最も高いグループは184位のパキスタン(45.6人)、183位の中央アフリカ共和国(42.3人)、182位のアフガニスタン(40.0人)。低いのは3位のシンガポール(1.1人)、2位のアイスランド(1.0人)で、「赤ちゃんが最も安全に生まれる国」は日本(0.9人)。

世界全体では約260万人の新生児が死亡し、うち約100万人が生まれたその日に死んだとみられる。死因は早産や出産時の合併症、肺炎などの感染症が多く、清潔な消毒剤があれば防げた事例が多かった[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 赤ちゃん誕生 日本が最も安全/死亡率で最低 ユニセフ、支援訴え『日本経済新聞』夕刊2018年2月20日社会面掲載の共同通信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]