新琴似屯田兵中隊本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新琴似屯田兵中隊本部
新琴似屯田兵中隊本部
施設情報
専門分野 屯田兵/新琴似の歴史
建物設計 バルーンフレーム建築
開館 1972年
所在地 001-0903
北海道札幌市新琴似8条3丁目1-6
プロジェクト:GLAM

新琴似屯田兵中隊本部(しんことにとんでんへいちゅうたいほんぶ)は、北海道札幌市北区新琴似にある郷土資料館。

1887年(明治20年)5月20日に、陸軍屯田兵歩兵第一大隊第三中隊が、札幌の北に位置した琴似村新琴似の地に入植する[1]。屯田兵兵士には、給与地が与えられ、蕎麦や麦およびジャガイモそして亜麻の栽培がなされた[1]。なお、屯田兵制度は、1904年(明治37年)に廃止となった[1]

1886年(明治19年)頃にバルーンフレーム建築として建造され[2]、新琴似屯田兵中隊本部として使用されていた建物が、新琴似屯田兵村ゆかりの新琴似神社境内にて、1972年(昭和47年)に復元され、資料館となっている[3]。なお、1974年(昭和49年)4月20日には、札幌文化遺産に登録される[3]

屯田兵らの生活農業用具を中心に約200点を展示している[4]

北区歴史と文化の八十八選のうち、「2.水辺と開墾の道〈北・新川・新琴似・麻生コース〉」に属する「39.新琴似屯田兵中隊本部」として選定されている[5]

所在地[編集]

所在地
北海道札幌市北区新琴似8条3丁目1-6
アクセス
JR新琴似駅より徒歩8分ぐらい、または札幌市営地下鉄南北線麻生駅徒歩8分~13分ほどで、西5丁目樽川通に面している。

開館案内[編集]

開館日
4月1日〜11月30日まで火・木・土曜日[4]
祝日の場合は休館[4]
開館時間
午前10時〜午後4時[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]