新潮文庫の100冊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潮文庫の100冊(しんちょうぶんこのひゃくさつ)は、新潮社1976年から毎年夏に行っている新潮文庫キャンペーン、もしくは1995年発行のCD-ROMによる電子書籍。また、2000年には「新潮文庫20世紀の100冊」という企画も行われた。

いずれも「100冊」と銘打っているが、新潮文庫で上下巻などに分かれている作品でも1冊としているため、実際は100冊以上となる。

夏のキャンペーン[編集]

文庫フェア「新潮文庫の100冊」は、新潮文庫の中から100冊を選び出したもの。1976年開始。以前は「新潮文庫夏のキャンペーン広告」「新潮文庫ベスト100」であった。

1978年から1996年まで(1990年は除く)は俳優アイドルなど有名人をイメージキャラクターに採用し[1]、テレビ・新聞・雑誌などで宣伝も行った。1997年からイメージキャラクターはYonda?君になった。

2008年、同キャンペーン期間中の限定企画として、夏目漱石こころ』、太宰治人間失格』、宮沢賢治銀河鉄道の夜』、アンデルセン絵のない絵本』の4冊が特製カバー仕様で販売された。集英社文庫が、同時期のキャンペーンで週刊少年ジャンプ系の漫画家をカバー絵作者に起用した限定仕様の文庫を販売していたが、新潮社はまるでそれに対抗するかのように、単色の極めてシンプルなデザインを採用した。

1976年から2012年までの37年間すべての年に選出された作品は、以下の11作品である[2]

その他、2012年までの37年の間に25回以上選出された作品は、以下の通り。

CD-ROM『新潮文庫の100冊』[編集]

1995年12月発行の『新潮文庫の100冊』は、CD-ROMを用いてパソコンディスプレイ上で読む電子書籍である。また、一部作品には朗読音声ファイルが収録されている。

パソコンで用いられるフォント漢字には、書籍で使われる活字とは字体の異なるものがあるが、CD-ROM『新潮文庫の100冊』では書籍と同じ字体を表示するためのフォントが用意された[3]

同様の企画として、新潮社は『新潮文庫 明治の文豪』(1997年)、『新潮文庫 大正の文豪』(1997年)、『新潮文庫 シャーロック・ホームズ全集』(1998年)、『新潮文庫の絶版100冊』(2000年)を出した。また、他社刊行のものも含んだ『シェイクスピア大全 CD-ROM版』(2003年)も出している。

収録作品[編集]

新潮文庫20世紀の100冊[編集]

「新潮文庫20世紀の100冊」は2000年に行われた企画。20世紀(1901年~2000年)の100年から、1年につき1作ずつ選びだされた。1月から毎月10冊ずつ計100冊が刊行された。

当時絶版だったものと当時も刊行中のものとがあったが、どちらも通常のカバーの上にもう1つカバーを付け、特製ダブルカバーで刊行された。初版と同じ表紙絵を用い、伏字も初版通りにするなどされていた。

刊行作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新潮文庫のささやかな秘密ほぼ日刊イトイ新聞、2005年8月12日
  2. ^ いろいろランキング|100冊の歴史|新潮文庫の100冊 2012”. 新潮社. 2013年5月9日閲覧。 “歴代の100冊全てに採用された作品”
  3. ^ 青空文庫と外字 - 『人文学と情報処理』第26号「特集 文字コード論から文字論へ」勉誠出版、2000年4月15日発行、ISBN 978-4-585-07027-6
  4. ^ 第1回配本時の刊行リストではT・S・エリオットの『荒地』だったが変更された。

外部リンク[編集]