新潟県社会人サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潟県社会人サッカーリーグ(にいがたけんしゃかいじんサッカーリーグ)とは、全国の各都道府県にあるサッカー都道府県リーグのひとつ。新潟県のクラブチームが参加するリーグである。

概要&レギュレーション[編集]

新潟県社会人リーグは4部構成となっている(2015年度)

  • 1部(10チーム)
  • 2部(10チーム)
  • 3部(10チーム×2ブロック)
    • A・Bリーグ
  • 4部(11チーム)

全てのカテゴリで1回戦総当りで行う

昇格に関して[編集]

1部の1位は北信越チャレンジリーグの参加権利を得る。同大会2位以上で北信越フットボールリーグに自動昇格 2部の1,2位が1部に自動昇格する。 1部1位チームが北信越チャレンジリーグへの出場を辞退した場合、1部2位チームが繰り上がりで出場する。(※2016年度:1部1位の新潟医療福祉大学FCが出場辞退し、1部2位の'05加茂FCが出場)


同一運営母体チーム(※2015年度:JAPANサッカーカレッジ、新潟経営大学('09経大FC)、グランセナ新潟FC)は規定により同カテゴリーの複数加盟を認めない為、同一運営母体チームの上位リーグへの昇格が有り、1,2位の成績を収めた場合のみに昇格が認められる。又北信越リーグ2部から降格が有った場合も同一運営母体チームは各カテゴリーにスライド降格となる。

同一運営母体チームが昇格出来ない場合は、3位又は4位のチームが繰り上がり昇格となる。

新潟県リーグ(2015年度)[編集]

1部[編集]

2部[編集]

3部[編集]

Aブロック

Bブロック

4部[編集]

歴代優勝クラブ[編集]

1部[編集]

  • 1977年度 新潟リケンタイヤ販売
  • 1978年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1979年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1980年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1981年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1982年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1983年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1984年度 津川サッカークラブ
  • 1985年度 新潟イレブンサッカークラブ
  • 1986年度 北越サッカークラブ
  • 1987年度 FC直江津
  • 1988年度 北越サッカークラブ
  • 1989年度 FC直江津
  • 1990年度 新潟蹴友会
  • 1991年度 新潟蹴友会
  • 1992年度 新潟蹴友会
  • 1993年度 新潟蹴友会
  • 1994年度 新潟蹴友会
  • 1995年度 新潟蹴友会
  • 1996年度 新潟蹴友会
  • 1997年度 新潟蹴友会
  • 1998年度 FCビルボード
  • 1999年度 新潟ナポリFC
  • 2000年度 新潟ナポリFC
  • 2001年度 FCビルボード
  • 2002年度 JAPANサッカーカレッジ
  • 2003年度 CUPS NIIGATA
  • 2004年度 CUPS NIIGATA
  • 2005年度 CUPS NIIGATA
  • 2006年度 CUPS NIIGATA
  • 2007年度 長岡ビルボードFC
  • 2008年度 '05加茂FC
  • 2009年度 '05加茂FC
  • 2010年度 ASジャミネイロ
  • 2011年度 長岡ビルボートFC
  • 2012年度 ASジャミネイロ
  • 2013年度 新潟医療福祉大学FC
  • 2014年度 CUPS 聖籠
  • 2015年度 CUPS 聖籠
  • 2016年度 新潟医療福祉大学FC

2部[編集]

  • 2007年度 '05加茂FC
  • 2008年度 MICHY'S
  • 2009年度 SEIROU2002
  • 2010年度 新潟蹴友会
  • 2011年度 キアーロ頸城フットボールクラブ
  • 2012年度 FORTUNA CUPS
  • 2013年度 Estilo
  • 2014年度 NIIGATA J.S.C
  • 2015年度 リジョカーレ新潟
  • 2016年度 リジョカーレ新潟

外部リンク[編集]