新潟州構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新潟州から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

新潟州構想(にいがたしゅうこうそう)は、新潟県新潟市を合併して新潟州とし、行政の効率化を図る構想である。2011年1月25日泉田裕彦新潟知事と篠田昭新潟市長による共同会見で発表された[1]。なお、新潟州のほか、新潟都の名称も想定している。

概要[編集]

現在の新潟県にあたる地域全体の行政を州政府が行い、新潟市は廃止して代わりに特別区を置く。州と特別区の関係は、東京都特別区の関係が参考にされている[2]

新潟市は旧東京市に相当する現在の東京都特別区部(東京23区)に倣い、新潟州特別区部(新潟8区)または新潟都特別区部(新潟8区)とし北区東区中央区などの各行政区千代田区品川区新宿区と同様の特別区となり、市町村と同様に地方自治体としての機能を有することとなる(なお、区数は区の再編・周辺市町村の編入などにより、現行の8区ではない場合も有り得る)。

また県内の他市町村間の合併も更に推進し人口規模30万人規模の基礎自治体を形成する。特別区、基礎自治体共に現在以上に県からの権限の移譲を受けることを想定しているが、その規模は現在の東京都特別区部に属する23の各区が持つ以上の水準を検討しており、地方自治のさらなる推進を目指すものとされている。

類似している構想としては、大阪府・大阪市の大阪都構想や、愛知県・名古屋市の中京都構想があり、これらの構想との連携も視野に入れてはいるが、中京都構想と大阪都構想が名称が類似しているだけで、それぞれ違う特徴を持っているように[3]、新潟州(都)も違う特徴を持っており、同一ではない[4]。新潟州構想では新潟県と新潟市の関係が良好であるのが特徴である[1]

今後は、県と市で専門家による検討委員会を設置し、具体的な内容を検討するとともに、構想実現に必要な地方自治法などの改正を求めていく予定[1]。この新潟州構想は、最低でも4年か5年かかるとされている。

大阪都構想、中京都構想との関係[編集]

大阪市長橋下徹は大阪府に大阪市を併合する大阪都構想を唱えている。また、愛知県知事の大村秀章と名古屋市長の河村たかしは、中京都構想を唱えている。橋下、大村、河村は、これらの構想を新潟州構想と連携させていく考えを示したことがある。

問題[編集]

「新潟州構想」の検討委員を務めていた新潟大法学部の田村秀教授は2012年4月20日、「構想の内容や検討の進め方に重大な問題がある」として県と新潟市に辞表を提出し、受理された[5]。これについて田村秀教授はブログにて「検討委員会の進め方に重大な問題があること」などの辞任理由を述べている[6]

2012年8月29日に国会において「大都市地域における特別区の設置に関する法律」が可決・成立し[7]、同年9月5日に平成24年法律第80号として公布され、同法第4条から第6条の規定は同年9月21日に施行され[8]、2013年3月1日から全面施行された。これにより、東京都以外の道府県においても特別区の設置が可能となった。しかし、この法律によって特別区が設置された地域を包括する道府県の名称は従前のままであり、「州」は認められていない[9]。さらに、同法による特別区の設置には「人口200万人以上の政令市、または政令市と同一道府県内の隣接市町村の人口の合計が200万人以上」であることが求められる(同法第2条第1項)。人口約81万人の新潟市は隣接市町村を入れても人口は200万人に届かず、法的には特別区設定可能な地域には該当していない。

経過[編集]

  • 2011年平成23年)
  • 2012年(平成24年)
    • 1月30日、「第4回新潟州構想検討委員会」を開催。
    • 3月30日、「第5回新潟州構想検討委員会」を開催。
    • 4月20日、田村秀委員が辞表を提出[6]
    • 5月1日、最終会合(報告書を提出)[12]

構想検討委員[編集]

構想のイメージ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新潟州:県・市が構想発表 二重行政廃して効率化目指す 毎日jp毎日新聞)、2011年1月25日
  2. ^ 知事「新潟州構想」を提唱 読売新聞、2011年1月26日
  3. ^ 橋下知事「中京都構想、現段階で連携は無理」 批判も 朝日新聞社、2010年12月6日
  4. ^ 県と政令市の合併による自治の拡大を目指す「新潟州(新潟都)」構想 新潟市、2011年1月26日
  5. ^ 新潟州構想に重大な問題…検討委員の教授が辞表 読売新聞 2012年4月21日
  6. ^ a b “委員辞任にあたって報道機関に配布した文書”. ブログ『暴走する地方自治』. (2012年4月22日). http://www.bousou-jichi.com/cat22663631/index.html 2012年5月2日閲覧。 
  7. ^ 大都市地域における特別区の設置に関する法律案 衆法第180回(常会)・議案番号第28号。
  8. ^ 大都市地域における特別区の設置に関する法律の一部の施行期日を定める政令・平成24年政令第243号
  9. ^ 同法第10条は、(この法律により設置される)「特別区を包括する道府県は、地方自治法その他の法令の規定の適用については、法律又はこれに基づく政令に特別の定めがあるものを除くほか、都とみなす。」と定めている。
  10. ^ “3府県2政令市(新潟県新潟市愛知県名古屋市大阪府)知事・市長と片山総務大臣との面談について”. 大阪府 政策企画部 大都市制度室 総合調整・行政調査グループ. (2011年8月25日). http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=7954 2011年8月27日閲覧。 
  11. ^ “「第2回新潟州構想検討委員会」を開催しました”. 新潟県行政改革推進室. (2011年9月16日). http://www.pref.niigata.lg.jp/kaikaku/1316120475630.html 2011年9月19日閲覧。 
  12. ^ “新潟州構想検討報告書”. 新潟市地域・魅力創造部・政策調整課・大都市制度推進課. (2012年5月2日). http://www.city.niigata.jp/info/kikaku/niigata-shuu/niigata-shuu-top.html 2012年5月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]