新潟まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
  • 1日目に行われる予定の「大民謡流し」
  • 2日目に行われる予定の
    • 「住吉行列」
    • 「市民みこし」
    • 「水上みこし渡御」
  • 3日目に行われる予定の
    • 「花火大会」
    • 「花火大会」で打ち上げられる大型スターマイン「エボリューション」
画像提供をお願いします。2014年4月

新潟まつり(にいがたまつり)は、新潟県新潟市で開かれる

概要[編集]

新潟まつりは、北前船の寄港地であった新潟の地に、廻船問屋網干屋が大阪の住吉神社から御神体を勧請して創建された湊元神社(つもとじんじゃ、現在住吉神社として白山神社内に遷座)で、1726年享保11年)住吉行列(住吉祭)が行われたのが起源とされる。この住吉祭と、後に行われるようになった川開き、開港記念祭、商工祭の4つの祭を1955年昭和30年)に統合したのが現在の新潟まつりである。この歴史は後述する住吉行列、水上みこし渡御として現在も残っている。日本の地方都市で行われる祭りとしては大規模なもので、花火大会の規模も大きいが、全国的な知名度は低い。

日程[編集]

1日目(夜)
2日目(昼)
  • 住吉行列(3日目昼にも行われる)
  • 万代太鼓(3日目昼にも行われる)
  • 新潟キラキラパレード
  • 市民みこし
  • 水上みこし渡御
  • 音楽付き花火ショー
    • 2013年より最終日の大花火大会の一部を移す形で開催。
3日目(夜)

補足[編集]

  • 1980年頃までは8月2223日に行われていたが、その後20日となり、さらに90年代以降は8月7から9日までの3日間を日程として行われていた。そして政令指定都市移行を機に2007年からは8月3日以降の最初の日曜日に開催されるようになった。また同年より従来の開催順(1日目:市民みこし、2日目:住吉行列・大民謡流し・他、3日目:住吉行列・水上みこし渡御・花火大会・他)から変更となり、現在の順序となっている。その為、年によっては長岡まつり8月1から3日の日付固定)の3日目と新潟まつりの1日目が重なることがある(2007年2012年など)。
  • 大民謡流しも以前は古町を挟んだ西堀通東堀通の5番町(鍛冶小路)から9番町(広小路)まで(柾谷小路で二手に分かれている)を使って8月8日と9日に行われていた。柾谷小路や萬代橋に会場を移して行われるようになったのは、新潟市制100周年にあたる1989年からである。そのかわり交通事情を配慮して開催は1日だけに短縮された。2日間に渡って開催されていた頃は延べ3万人が参加したことから度々踊り手の数が日本一多いと言われたことがある。
  • 花火大会も2002年までは約1キロほど下手の八千代橋付近が打ち上げ場所だった(ナイアガラも八千代橋で行われていた)。2003年に現在の場所に移ってからは、近くにある新潟市陸上競技場のスタンドも開放されるようになっている(ただし入場できるのは、同年から実施している「市民協賛」の協賛者のみ)。なお、信濃川の川幅が狭い為、観覧客の安全等を考慮して、二尺玉以上の大玉は打ち上げることができない。
  • 「エボリューション」は、政令指定都市移行記念花火として2007年に初出。長岡まつりで打ち上げられている「フェニックス」と同タイプの大型スターマインで、初年度はフェニックス同様平原綾香の『Jupiter』、2008年からはHánnaの『夢花火』の音楽に合わせて打ち上げられている。
  • 2013年から最終日の大花火大会の一部を『音楽付き花火ショー』として2日目に行う事となり、大花火大会での打ち上げ数、開催時間が短縮された。ただし、エボリューションは上記の通り音楽に合わせてのものだが、最終日に打ち上げられる。

新潟まつりを取り上げたドラマ・映画[編集]

外部リンク[編集]