新渡戸傳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
新渡戸傳
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 寛政5年11月7日1793年12月9日[1]
死没 明治4年9月27日1871年11月9日[2]
官位従五位
主君 南部利恭
陸奥盛岡藩
氏族 新渡戸氏
父母 新渡戸伝蔵
十次郎太田時敏、わか、ら
テンプレートを表示

新渡戸 傳 又は 新渡戸 伝(にとべ つとう)は、江戸時代後期の武士商人盛岡藩家老、のちに大参事。材木商として成功し、新渡戸家の家計を助けた。南部利敬の家老・新渡戸丹波季達)は宗家筋(伝蔵家初代・常綱が弟で、丹波の祖・季紹が兄)にあたる。

略歴[編集]

寛政5年(1793年)11月7日、新渡戸伝蔵(維民、民司、平六、痴翁)[3]の子として花巻城にて誕生[1]。幼名、縫太[1]。諱は常澄[1]。号は太素[1]

南部藩勘定奉行だった文政9年(1826年)、藩の財政を立て直すために、45歳で原野だった三本木町の開墾を始める[4]明治元年(1868年)に盛岡藩の目付役となる[5]

明治4年(1871年)9月27日に死去、享年79(満77歳没)[2]。三本木の開拓事業は、子の十次郎、孫の七郎(新渡戸稲造の兄)の時代まで受け継がれたが、明治20年に資金難から行き詰まり、第一国立銀行盛岡支店八戸出張所が融資したが、これも焦げ付き、同行の頭取・渋沢栄一が回収不能となった不良債権を個人で代弁し、その担保物件であった原野を引き受け、渋沢農場を開いた[4]

大正4年(1915年)、従五位を追贈された[6]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 花巻 1981、p. 103
  2. ^ a b 花巻 1981、p. 105
  3. ^ 花巻 1981、p. 103, 111
  4. ^ a b 『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』佐野真一、文藝春秋、1996年、p107
  5. ^ 花巻 1981、p. 116
  6. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.32

参考文献[編集]

  • 石井良助『編年改訂 江戸武鑑 文政武鑑1』(柏書房
  • 『岩手県姓氏歴史人物大辞典』
  • 花巻市教育委員会『花巻市史 第3巻』国書刊行会、1981年。

関連項目[編集]