新東海バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社新東海バス
Shin Tokai Bus Co.,Ltd.
ADG-RU1ESAA.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 東海バス
本社所在地 日本の旗 日本
410-2403
静岡県伊豆市年川45-1
設立 1999年(平成11年)4月
(株式会社中伊豆東海バス)
業種 陸運業
事業内容 旅客自動車運送事業他
代表者 代表取締役社長 鈴木裕之
主要株主 東海自動車
テンプレートを表示

株式会社新東海バス(しんとうかいバス)は静岡県東部・伊豆を中心に路線バスを運営する小田急グループ東海自動車子会社貸切バス部門と中伊豆地区の路線バス部門のバス会社である。本社は静岡県伊豆市年川。現在の会社は、2013年4月に株式会社中伊豆東海バスが株式会社新東海バス(旧会社)を吸収合併し、社名を変更したものである。本項では合併前の中伊豆東海バスおよび旧・新東海バスについても解説する。

事業所は修善寺事業所(本社)があり、案内所として東海自動車東京案内所がある。

現行路線[編集]

高速バス[編集]

伊豆長岡・修善寺温泉ライナー[編集]

土休日1往復のみ:バスタ新宿・(新宿駅西口池尻大橋) - 三島駅北口・三島駅南口・社会福祉会館・一本松・長岡温泉みんなのハワイアンズ大仁・伊豆温泉村修善寺駅修善寺温泉・修善寺年川車庫

上記以外:バスタ新宿・(新宿駅西口・池尻大橋) - 長岡温泉・みんなのハワイアンズ・大仁・伊豆温泉村・修善寺駅・修善寺温泉・修善寺年川車庫

  • 新宿駅西口と池尻大橋は上りのみ停車。
  • 修善寺地区では両方向とも修善寺駅 → 修善寺温泉の順に停車。
  • 2往復運行、このうち1往復は土休日のみの運行で三島地区経由。
  • 三島地区経由便において東京都内 - 三島地区間で乗車する場合は、小田急箱根高速バス東海バスオレンジシャトルが運行する三島エクスプレスの回数券が使用可能となっている[1]

三島エクスプレス[編集]

2017年4月1日より運行開始

大平車庫~三島駅池尻大橋バスタ新宿

小田急箱根高速バス東海バスオレンジシャトルとの共同運行

一般路線[編集]

土肥・戸田線[編集]

系統番号 運行系統名
C01 土肥温泉 - 戸田新田
C02 土肥温泉 - 戸田

2019年4月1日廃止

修善寺温泉・湯舟口線[編集]

系統番号 運行系統名
C10 修善寺駅 - 修善寺温泉伊豆箱根バスと競合)
C11 修善寺駅 → 修善寺温泉 → 湯舟口
C12 湯舟口 → 寺山口 → 修善寺駅

C10系統については伊豆の踊子号で増発運行がされる場合がある。

虹の郷・戸田線[編集]

系統番号 運行系統名
C30 修善寺駅 - 戸田
C31 戸田 → 伊豆総合高校入口
C32 修善寺駅 - 修善寺虹の郷 - 戸田
C33 修善寺駅 - 修善寺虹の郷(修善寺虹の郷休園日運休)
C37 修善寺駅 - もみじ林前(修善寺虹の郷休園日運行)

ニュータウン・戸田線[編集]

系統番号 運行系統名
C34 修善寺駅 - ニュータウン - 修善寺虹の郷(修善寺虹の郷休園日運休)
C35 修善寺駅 - ニュータウン - 修善寺駅
C36 ニュータウン入口 → 熊坂 → 修善寺駅
C38 修善寺駅 - ニュータウン - もみじ林前(修善寺虹の郷休園日運行)

土肥・松崎線[編集]

系統番号 運行系統名
C40 八木沢郵便局 → 修善寺駅
W30 修善寺駅 - 松崎(西伊豆東海バスと共同運行)
W31 土肥温泉 - 松崎

湯ヶ島・河津線[編集]

系統番号 運行系統名
C50 修善寺駅 - 天城峠 - 河津駅(南伊豆東海バスと共同運行)
C51 修善寺駅 - 修善寺温泉 - 天城峠 - 河津駅
C52 修善寺駅 - 本立野 - 昭和の森会館
C53 修善寺駅 - 本立野 - 特別養護老人ホーム天城の杜
C54 修善寺駅 - 本立野 - 湯ヶ島
C55 修善寺駅 - 本立野 - 持越温泉
C56 修善寺駅 - 本立野 - 湯ヶ島温泉
C57 昭和の森会館 → 吉奈温泉 → 本立野 → 修善寺駅
C58 修善寺駅 - 本立野 - 吉奈温泉 - 持越温泉
C59 修善寺駅 - 本立野 - 吉奈温泉 - 湯ヶ島温泉
C60 天城小学校 - 長野(休校日運休)
C63 修善寺駅 - 狭間 - 八丁池口(運行日前日の天気予報で降水確率が70%以上の場合運休)
C64 昭和の森会館 - 八丁池口(運行日前日の天気予報で降水確率が70%以上の場合運休)

柿木線[編集]

系統番号 運行系統名
C61 修善寺駅 - 下柿木 - 柿木大野
C62 修善寺駅 - 柿木循環

冷川・伊東線[編集]

系統番号 運行系統名
C71 修善寺駅 - 下尾野口
C72 修善寺駅 - 下尾野口 - 沢口
C75 下尾野口 → 中伊豆温泉病院 → 修善寺駅
C76 沢口 → 下尾野口 → 中伊豆温泉病院 → 修善寺駅
I41 修善寺駅 - 冷川 - 伊東駅(伊豆東海バスと共同運行)

一部区間、伊豆箱根バスとの競合あり。

中伊豆温泉病院線[編集]

系統番号 運行系統名
C74 修善寺駅 - 中伊豆温泉病院

浮橋・亀石峠線[編集]

系統番号 運行系統名
C80 修善寺駅 - 浮橋 - 長者原 - 亀石峠
C81 大仁駅前 - 浮橋 - 長者原 - 亀石峠
C87 修善寺駅 - 田京駅 - 浮橋 - 長者原 - 亀石峠
C88 大仁駅前 → 田京駅 → 長者原 → 亀山峠
C89 大仁駅前 → 田原野 → 浮橋循環 → 田京駅 → 修善寺駅

大沢線[編集]

系統番号 運行系統名
C84 修善寺駅 - 牧之郷 - 上大沢
C85 修善寺駅 - 牧之郷 - 熊坂

サイクルスポーツセンター線[編集]

系統番号 運行系統名
C90 修善寺駅 - サイクルスポーツセンター
C91 修善寺駅 - 競輪学校正門 - サイクルスポーツセンター
C92 修善寺駅 - 競輪学校

契約輸送[編集]

  • ラフォーレ修善寺シャトルバス

修善寺駅11番線→狭間→ラフォーレ修善寺入口

歴史[編集]

  • 1996年平成8年)12月 - 株式会社新東海バス(旧会社)設立。
  • 1997年(平成9年)1月 - 株式会社新東海バス営業開始。
  • 1999年(平成11年)4月 - 東海自動車分社化に伴い、修善寺営業所を母体に株式会社中伊豆東海バス設立。貸切バス事業を東海自動車から新東海バスに全面移管。
  • 2006年(平成18年)10月 - 廃業した伊豆下田バス伊豆箱根鉄道系)の貸切部門を譲り受ける。
  • 2009年(平成21年)3月 - 沼津登山東海バスの車庫移転に伴い、沼津市大平地区が市街化調整地域であるため、土地利用制限があり新東海バスの沼津貸切営業所閉鎖。沼津地区の貸切部門は、新東海バスから沼津登山東海バスへ譲渡。
  • 2013年(平成25年)4月 - 中伊豆東海バスが新東海バスを吸収合併し、同日社名を新東海バスに変更。
  • 2014年(平成26年)9月15日 - 下田貸切事業所(吉佐美)を廃止。車両7台と運転手7人は同敷地の南伊豆東海バスに異動となった。
  • 2015年(平成27年)9月16日 - 高速路線バス「伊豆=新宿ライナー」を「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」に改称。みんなのハワイアンズバス停が新設され、三島エクスプレスの一部として、2号と3号が三島地区に停車するようになった。また、1号と4号は小田急箱根高速バスが運行から撤退し、全便新東海バスの単独運行になった。

車両[編集]

現在保有するすべての車両は、小田急グループ共通貸切色を纏い、地域ナンバーである「伊豆ナンバー」での登録になっている。

貸切車では、日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)を除く三菱ふそういすゞ自動車日野自動車製の大型ハイデッカーが中心。多くは補助席付60人/53人乗りタイプであるが、また、三菱ふそう・日野自動車製大型車は純正ボディでの導入に対し、いすゞ自動車製大型車は富士重工業の車体を架装したものが多い。 近年、いすゞ・ガーラ日野・セレガが導入されている。

脚注[編集]