新本川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新本川(総社市新本・義民碑付近)
右が高梁川、左から合流するのが新本川

新本川(しんぽんがわ)は、岡山県総社市および倉敷市真備町を流れる一級河川[1]。総社市新本地内を東に流れ、高梁川に合流し、延長は11.9km[1]

概要[編集]

高梁川の支流の一つで、総社市西部を流域とする。総社市新本地区と矢掛町との境界付近の山中に源流を持つ。源流から東流し、新本・山田・久代・神在に広い氾濫原を形成、神在地区で南東方向に流れを変え、伊予部山東端を流れ、真備町の川辺橋付近で高梁川と合流し、瀬戸内海へと至る。

流域は砂防指定地が多く、古来は洪水の害が絶えず、たびたび治水・改修工事が行われていた。1781年(天明元年)には大洪水によって死者19名をだしている(総社市新本池田にはこれを供養する「流れ地蔵」が建立されている)[2]。昭和51年9月洪水や昭和60年5月洪水でも浸水被害があり、平成28年にも川幅を拡張する工事が県によって実施されている[1]

古代においては流域は一大製鉄地であったとされ、大規模な製鉄跡の遺跡が発掘されている他、古墳も多く発掘された。

主な支流[編集]

  • ハザ谷川 - 久代
  • 黒谷川 - 久代
  • 山田川 - 山田
  • 津梅川 - 新本
  • 観世川 - 新本

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 池田末則監修、村石利夫編著『日本全河川ルーツ大辞典』竹書房
  • 岡山県大百科事典編集委員会『岡山県大百科事典』山陽新聞社