新日鐵住金鹿島火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Crystal energy.svg 新日鐵住金鹿島火力発電所
新日鐵住金鹿島火力発電所
新日鐵住金鹿島火力発電所1号機
種類 火力発電所
電気事業者 新日鐵住金
所在地 日本の旗 日本
茨城県鹿嶋市光3番地
1号機
発電方式 汽力発電
出力 50.7万 kW
燃料 石炭
営業運転開始日 2007年6月1日
テンプレートを表示

新日鐵住金鹿島火力発電所(しんにってつすみきんかしまかりょくはつでんしょ)は、茨城県鹿嶋市新日鐵住金鹿島製鐵所にある火力発電所。隣接して鹿島共同火力鹿島共同発電所がある。

概要[編集]

2007年に「住友金属鹿島火力発電所」として運用を開始した発電所であり、新日鐵住金が電力卸供給事業(IPP事業)として東京電力に電力を供給している[1]

2号機の増設計画では、東京電力が実施した2012年度電力卸供給入札募集に対し、新日鐵住金と電源開発が共同で応札し、落札者となったことから、発電事業を実施する共同出資会社として、2013年12月に設立された鹿島パワーが当発電所構内に2号機を計画、2016年8月現在、建設に向けた環境アセスメントの手続きが行われている[2]

発電設備[編集]

  • 敷地面積:約139,000m2
1号機
定格出力:50.7万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超臨界圧Super Critical)
営業運転開始:2007年6月

計画中の発電設備[編集]

鹿島パワー所有[編集]

2号機(計画中)[2]
定格出力:64.5万kW
使用燃料:石炭
蒸気条件:超々臨界圧Ultra Super Critical)
営業運転開始:2020年7月予定

東北地方太平洋沖地震による被害[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、鹿島製鉄所とともに運転を停止。製鉄所の復旧作業に合わせ、3月25日に運転を再開、26日には100%稼動を達成した[3]

アクセス[編集]

高速バス

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度56分51.4秒 東経140度41分23.5秒 / 北緯35.947611度 東経140.689861度 / 35.947611; 140.689861