新日鐵住金堺製鐵所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯34度35分51.8秒 東経135度27分26.5秒 / 北緯34.597722度 東経135.457361度 / 34.597722; 135.457361 新日鐵住金堺製鐵所(しんにってつすみきんさかいせいてつじょ)は、大阪府堺市堺区築港八幡町にある新日鐵住金工場である。 2014年4月1日に同社和歌山製鐵所と統合したため、現在は「新日鐵住金和歌山製鐵所・堺地区」となっている。

概要[編集]

堺製鐵所は1961年(昭和36年)、八幡製鐵の製鉄所として発足した。同年操業を開始したのが形鋼を圧延する大形工場で、現在残る唯一の工場でもある。1965年(昭和40年)には高炉が完成し、銑鋼一貫体制が確立した。1970年(昭和45年)の新日鉄発足に伴い、同社堺製鐵所となる。1980年代に入ると設備の縮小が相次ぎ、1984年(昭和59年)には2基あった高炉が1基のみとなり、翌1985年(昭和60年)には熱延鋼板の生産も終了した。1990年(平成2年)には高炉と製鋼部門が休止し、銑鋼一貫製鉄所から形鋼の圧延工場へと縮小した。

現在の堺製鐵所は、面積149万平方メートル、従業員数354人(2010年7月1日時点)[1]。大形形鋼の生産拠点であり、H形鋼造船山形鋼鋼矢板などを生産している。製鉄所構内には新日鐵住金グループ大阪製鐵堺工場があり、同工場では電気炉によって製鋼作業が行われている。

事業の縮小で生じた高炉・原料ヤード等の跡地は再開発され、企業の工場や物流拠点が新たに建っている。

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年) - 堺建設本部設置。
  • 1961年(昭和36年)10月1日 - 八幡製鐵堺製鐵所として発足。
  • 1961年(昭和36年)11月26日 - 大形工場稼動開始。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 熱延工場稼動。
  • 1965年(昭和40年)6月24日 - 第1高炉初火入れ。
  • 1965年(昭和40年)6月29日 - 転炉新設。
  • 1967年(昭和42年)7月31日 - 第2高炉初火入れ。
  • 1970年(昭和45年)3月31日 - 新日鉄発足、同社堺製鐵所となる。
  • 1981年(昭和56年) - 連続鋳造設備を新設。
  • 1981年(昭和56年)5月 - 東ドイツホーネッカー国家評議会議長が訪問。
  • 1983年(昭和58年)5月 - 第1高炉休止。
  • 1984年(昭和59年) - 第1高炉吹降し。
  • 1985年(昭和60年)3月 - 熱延工場休止。
  • 1989年(平成元年) - ハイパービーム(H形鋼・CT形鋼の一種)製造開始。
  • 1990年(平成2年)3月 - 第2高炉・転炉・連続鋳造設備など製銑・製鋼設備が全休止。
  • 1990年(平成2年)4月 - 堺製鐵所構内での電気炉操業を目的に、大阪製鐵と合同製鐵の共同出資で関西ビレットセンター設立。
  • 1998年(平成10年) - 大阪製鐵堺工場設立。
  • 1999年(平成11年)10月 - 大阪製鐵が関西ビレットセンターを合併。
  • 2000年(平成12年) - ブレイザーズスポーツクラブ設立。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 新日鐵住金発足。
  • 2014年(平成26年)4月 - 和歌山製鐵所と統合し、和歌山製鐵所・堺地区となる[2]

堺製鐵所縮小後に進出した主な企業[編集]

その他[編集]

  • 三井物産が、開発中のライトレールの一種であるトランスロールの実験線(全長500メートル)の用地を借地していた(2009年に試験終了、用地は返還された)。
  • イオンモール堺北花田:旧新日本製鐵花田社宅跡地に2004年10月28日にオープンした。
  • 所在地は発足以前には築港北町と築港中町という町名だったが、発足の1961年に旧八幡製鐵にちなんで築港八幡町と改称された。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新日鉄ガイド 製鉄所等の概要 (PDF)
  2. ^ 製鉄所組織の統合・再編成について - 新日鐵住金株式会社 プレスリリース 2013年10月30日

参考文献[編集]

  • 新日本製鐵 『炎とともに』八幡製鐵株式會社史、新日本製鐵、1981年

外部リンク[編集]