新日鐵住金ステンレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新日鐵住金ステンレス株式会社
Nippon Steel & Sumikin Stainless Steel Corporation
本社の入る鉃鋼ビルディング
本社の入る鉃鋼ビルディング
種類 株式会社
略称 NSSC
本社所在地 日本の旗 日本
100-0004
東京都千代田区丸の内一丁目8番2号
鉄鋼ビルディング17階
設立 2003年平成15年)10月1日
業種 鉄鋼
法人番号 9010001084826
事業内容 ステンレス鋼の製造・販売
代表者 木下 洋(代表取締役社長
資本金 50億円
売上高 単独:1941億16百万円
営業利益 単独:31億52百万円
純利益 単独:13億63百万円
純資産 単独:839億28百万円
総資産 単独:1632億35百万円
従業員数 約1,400人
決算期 3月31日
主要株主 新日鐵住金 (100%)
外部リンク http://nssc.nssmc.com/
特記事項:各種経営指標は2010年3月期のもの
テンプレートを表示

新日鐵住金ステンレス株式会社(しんにってつすみきんステンレス、英文社名 Nippon Steel & Sumikin Stainless Steel Corporation)は、日本ステンレス鋼メーカーである。旧新日本製鐵・旧住友金属工業両社のステンレス鋼部門が統合し2003年平成15年)に設立された。略称は「NSSC」。

概要[編集]

大手高炉メーカーである新日鐵住金が出資するステンレス鋼メーカーである。2003年に旧新日本製鐵・旧住友金属工業両社のステンレス鋼部門を会社分割(共同新設分割)により統合して発足した[1]。事業領域は、ステンレス鋼の厚板薄板棒鋼線材の製造および販売である。ステンレス鋼管については事業統合されず、両親会社が引き続き製造を行っている。

本社東京都千代田区鉄鋼ビルディングに入居。2017年4月以前は大手町二丁目にある朝日生命大手町ビルに入居していた。支店大阪市名古屋市福岡市広島市新潟市の5か所に配置され、タイバンコク中国広州市にも事務所を構える。

製造拠点は、旧新日本製鐵光製鐵所より分離され電気炉をもつ新日鐵住金大分製鐵所光地区に隣接する光製造所(山口県光市)、新日鐵住金八幡製鐵所構内にある八幡製造所(北九州市八幡東区)、新日鐵住金鹿島製鐵所に隣接する鹿島製造所(茨城県鹿嶋市)の3か所。製造所により製品が異なり、光製造所では棒鋼・線材やニッケル系薄板、鹿島製造所ではクロム系薄板、八幡製造所では厚板を製造する。また、新日鉄八幡製鐵所の設備も一部工程で使用しており、クロム系タンデム圧延薄板[2]がここで製造されている。

沿革[編集]

新日鐵住金ステンレス (NSSC) は、2003年(平成15年)10月1日に発足した。事業統合の目的は、新日鉄・住友金属両社のステンレス事業の構造的な収益体質強化、とされる[3]

統合にあわせて実施された施策の一つに生産拠点の集約がある。会社発足時点では、八幡・鹿島の両製造所で厚板とタンデム圧延冷延材を、光・鹿島の両製造所でニッケル系・クロム系双方の冷延材を製造していた。この製造体制から、2004年(平成16年)4月より厚板製造を八幡に集約[4]、同年7月よりニッケル系冷延材製造を光に、クロム系冷延材製造を鹿島に、タンデム圧延冷延材を八幡にそれぞれ集約[5]し、生産性の向上を図った。

また会社発足にあわせて、住友金属が出資する日本ステンレス商事株式会社(現・NSステンレス)と、新日鉄が出資するコイルセンター事業者2社がNSSCの傘下になった[6]

関連する企業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新日本製鐵(株)と住友金属工業(株)のステンレス事業統合に関する分割計画書の作成について(2003年6月20日付住友金属ニュースリリース)、2010年1月閲覧。
  2. ^ 普通鋼の設備(タンデム圧延機)で圧延した薄板のこと。
  3. ^ 新日本製鐵(株)と住友金属工業(株)のステンレス事業統合について(2002年12月26日付住友金属ニュースリリース)、2010年1月閲覧。
  4. ^ 生産設備集約の進捗について(2004年4月1日付NSSCニュースリリース)、2010年1月閲覧。
  5. ^ 生産集約・生産設備集約計画の実施について(2004年7月1日付NSSCニュースリリース)、2010年1月閲覧。
  6. ^ 新日鐵住金ステンレス株式会社の主要施策について(2003年7月14日付住友金属ニュースリリース)、2010年1月閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]