日曜美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新日曜美術館から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日曜美術館
nichiBi
ジャンル 教養番組
出演者 小野正嗣
柴田祐規子
ほか
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年4月11日 - 放送中
放送時間 日曜 9:00 - 10:00
放送分 60分
公式サイト
テンプレートを表示

日曜美術館』(にちようびじゅつかん)は、NHK教育テレビジョン1976年4月11日に放送を開始した美術関連の教養番組である。NHKワールド・プレミアムでも放送されるほか、2018年12月6日からはNHK BS4Kでも放送がスタートした。

概要[編集]

元々は1965年1月1日に特集番組として放送され、同年5月より約1年間、総合テレビの日曜朝8時台で放送された30分のインタビュー番組『(旧)日曜美術館』が母体である[1]1997年4月6日[2]に『新日曜美術館』(しんにちようびじゅつかん)と改題したが、2009年4月5日[3]に本タイトルへと戻った。

番組は毎回ゲストを迎え、国内外の様々な美術を紹介する。ゲスト個人の観点から、芸術家や作品を紹介するなど独特な切り口が番組の魅力である。番組最後の15分間では「アートシーン」と題し、美術界の動向や展覧会の情報などを紹介する。2013年度からの「アートシーン」は、本編の出演者が登場せず、ナレーションのみで構成される回が多くなった(その一方で、稀に本編の出演者によるオールロケの特別篇となる場合がある)。

なお、デジタル放送EPGGガイドでは本篇と「アートシーン」は別番組扱いである(ADAMS-EPGでは1つの番組とする)。

出演者[編集]

過去[編集]

NHKアナウンサー
キャスター
石澤典夫担当時は、年度ごとに(石澤の相手役となる)キャスターが変わった。

放送時間[編集]

時間はJST

NHK Eテレ
  • 日曜 11:00 - 12:00(1976年4月11日 - 1981年4月5日)[5] → 日曜 9:00 - 10:00(1981年4月12日 - )[6]
  • 再放送:日曜 20:00 - 21:00(本編は前週の本放送分、「アートシーン」は同日朝の本放送分を放送する)
NHKワールド・プレミアム
  • 日曜 5:10 - 5:55 (「アートシーン」のコーナーは放送なし)
NHK BS4K
  • 木曜 19:00 - 19:45 (「アートシーン」のコーナーは放送なし)

脚注[編集]

  1. ^ このときの司会担当は杉澤陽太郎平田悦朗後藤美代子各アナウンサーを中心とするNHKアナウンサーによる週替り制であった。
  2. ^ 読売新聞』(縮刷・関東版) 1997年(平成9年)4月6日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 2009年(平成21年)4月5日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ この期間は、加賀美が単独で進行
  5. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1976年(昭和51年)4月 - 1981年(昭和56年)4月、テレビ欄。
  6. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1981年(昭和56年)4月12日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク[編集]

NHK教育 日曜 11:00 - 12:00
前番組 番組名 次番組
コンピューター講座
(1973年4月8日 - 1976年4月4日)
日曜美術館
(1976年4月11日 - 1981年4月5日)
将棋の時間
(1981年4月12日 - 2011年3月27日)
※11:00 - 12:30

10:30 - 12:00

10:15 - 12:00

10:00 - 12:00
NHK教育→NHK Eテレ 日曜 9:00 - 10:00
テレビスポーツ教室(再放送)
(1976年4月11日 - 1981年3月22日)
日曜美術館
(1981年4月12日 - 1997年3月30日)

新日曜美術館
(1997年4月6日 - 2009年3月22日)

日曜美術館
(2009年4月5日 - )
-