新教育運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新教育運動(しんきょういくうんどう)とは、「新教育」(New Education)又は「新学校」(New School)をキーワードに19世紀末のイギリスではじめられた教育改革運動のこと。

概説[編集]

19世紀末から第一次世界大戦後にかけて、イギリスからフランスドイツイタリアアメリカロシアインド中国及び日本、並びにその他の国々に展開された。ただし思想においても教育実践の手法においても一様でなく、ルソーペスタロッチ及びフレーベルの思想の継承発展により、書物を通じての主知主義の教育に対する児童の自主的で、主体的な活動を尊重するという児童中心主義の考え方に共通点が有る。

この運動は具体的には1889年イギリスのセシル・レディによって設立された学校、アボッツホルム・スクールに始まるといわれる。この学校はフランスのエドモン・ドモランフランス語版、ドイツのヘルマン・リーツらに影響を与え、それぞれロッシュの学校フランス語版[1]田園教育塾ドイツ語版を発展させた[2]。そしてこの運動からグスタフ・ヴィネケンドイツ語版パウル・ゲヘープらによって生徒の自治活動を尊重する自由学校共同体の運動が現れた。1900年スウェーデンのエレン・ケイが書いた『児童の世紀』は世界中に大反響を呼び、新教育運動のバイブルと呼ばれた。

アメリカではその民主主義を基礎に1883年パーカーによって始まり1896年のジョン・デューイシカゴ大学の実験学校によってさらに前進し進歩主義教育運動として展開された。この運動はウィリアム・ヒアド・キルパトリックらのプロジェクト・メソッド英語版を生みヴァージニア・プランなど徹底的な経験主義カリキュラムを採用する数々の州教育計画を成立させコミュニティ・スクール(地域社会学校)運動を発展させていった。

またこの動きが単に教育者と学校改革の分野だけでのものでなかった証に作家や芸術家にもこうした運動に共鳴し自らも学校を試みる者が少なくなかった。作家のトルストイ、思想家のバートランド・ラッセル及び詩人のタゴールなどはその例である。

脚注[編集]

  1. ^ ウール県ヴェルヌイユ=シュル=アヴルに所在する。ロッシュはフランス語で「岩」のこと。
  2. ^ 梅根悟 (1972-04-25). “新教育”. 世界大百科事典. 16 (1972年 ed.). 平凡社. pp. 28. 

関連項目[編集]