新庄哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新庄 哲夫(しんじょう てつお、1921年10月28日 - 2006年1月10日)は、日本翻訳家、アメリカ文学者、ジャーナリスト編集者。本名は新庄 哲雄(読みは同じ)。

アメリカ合衆国サンフランシスコ生まれ、山口県岩国市が本籍。1943年学徒動員により青山学院英文科を繰り上げ卒業、東京新聞外報部勤務となり、戦時下の外務省、戦後のGHQを担当、1953年にハーマン・ウォークの『ケイン号の反乱』の翻訳を上梓しベストセラーとなる。57年出版部勤務となり「週刊東京」担当、1960年の同誌廃刊とともに本社編集委員。朝夕刊のコラムを執筆、1968年に退社。

大妻女子大学短期大学部教授に就任後、数多くの英米の小説、ノンフィクションを翻訳。特にブライアン・フリーマントルの作品が多い。ジョージ・オーウェル原作の『一九八四年』は1984年にベストセラーとなり、多額の印税収入を手にしたと言われる。1992年、訳書のあとがきを集めた『ある翻訳家の雑記帖』を刊行し、大衆文学研究賞を受賞した。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • ハーマン・ウオーク『ケイン号の叛乱』(光文社 1953年) のちハヤカワ文庫
  • ジェームス・A・ミッチェナー『トコリの橋』(光文社 1954年)
  • カール・サンドバーグ『黄金のアコーデオン』(世界少年少女文学全集 創元社、1955年)
  • ヴォルデマー・ヴィーダム、C・B・ウォール『エルマ号漂流記』(時事通信社 1956年)
  • ジョージ・R.スチュワート『山火事』新鋭社 1956年
  • ジェサミン・ウェスト『愛と死と』新鋭社 1956年
  • ウィラ・キャザー『魔の絶壁』新鋭社 1958年
  • C・M・コーンブルース『クリスマス・イヴ』早川書房 1958年
  • パール・バック『私の歩んだ世界』吉武好孝共訳 荒地出版社、1958年
  • E・S・ガードナー『最後の法廷』早川書房 1959年
  • ベン・ヘクト『情事の人びと』光文社 1960年
  • E.S.ガードナー『待ち伏せていた狼』(早川書房 1960年)
  • L.ケネディ『処刑された被害者』(新潮社 1961年)
  • フランツ・グルーバー『日本人のための無銭旅行入門 たった2万円で世界をめぐる法』(光文社 1962年)
  • ヤング『モンテージ事件』(世界ノンフィクション全集 筑摩書房、1962年)
  • アーサー・コナン・ドイルロスト・ワールド』(早川書房 1963年)
  • アーヴィング・ストーン『苦悩と歓喜 ミケランジェロの生涯』(二見書房 1966年)
  • ロード・モーラン チャーチル『生存の戦い』(河出書房新社 1967年)
  • ヒュー・ロフティングドリトル先生の動物園偕成社 1968年
  • メアリー・マッカーシー『ヴェトナム報告』河出書房 1968年
  • ラルフ・デ・トレダーノ『ロバート・F・ケネディ 大統領の椅子を狙う男』(早川書房 1968年)
  • コリン・チャプマン『戦車の下の真実 チェコ、八月二十一日の記録』(集英社 1968年)
  • ミロバン・ジラススターリンとの対話』(雪華社 1968年)
  • ジョージ・オーウェル1984年』(世界SF全集、早川書房、1968) のちハヤカワ文庫
  • W.フライシャワー『オナシス 七つの海の挑戦者』(ダイヤモンド社 1969年)
  • ロバート・クライトン『サンタ・ヴィットリアの秘密』(集英社 1969年)
  • ホール・ケイン『永遠の都』(潮出版社 1970年) のち潮文庫・潮文学ライブラリー
  • ブートン・ハーンドン『二人のフォード その人間的考察』(杉原素明共訳 ダイヤモンド社 1972年)
  • 『広島・板門店・ハノイ (バーチェット自伝』(石坂欣二共訳 河出書房新社 1972年)
  • シドニー・メイヤー『日本占領』(サンケイ新聞社出版局 1973年)
  • C.アッシュマン『キッシンジャー』(角川文庫 1973年)
  • バーナード・ルドフスキー『キモノ・マインド』鹿島研究所出版会:SD選書、1973年
  • ジャック・ロンドン奈落の人々』(潮文庫、1973年)
  • リンドバーグ第二次大戦日記』新潮社(2巻組) 1974年、角川ソフィア文庫(上下)、2016年
    • 『孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記』学研M文庫(上下) 2002年
  • バッド・ヴェスタル『フォード大統領 知られざる素顔』(杉原素明共訳 講談社 1974年)
  • リチャード・バック『翼の贈物』(新潮社 1975年)
  • アーヴィング・ストーン『炎の生涯 ファン・ゴッホ物語』(フジ出版社 1975年)
  • ジュリアン・シモンズ『シャーロック・ホームズの復活』(新潮文庫 1976年)
  • デイヴィッド・ハルバースタム『ホー・チ・ミン』(角川文庫 1977年)
  • 『世界傑作推理12選 & one』(エラリー・クイーン編 光文社 (カッパ・ノベルス) 1977年 のち文庫)
  • ジョン・P.マーカンド『天皇の密偵 ミスター・モトの大冒険』(サンケイ出版 1977年 のち角川文庫)
  • ジューディス・C.エクスナー『華麗なる情事』(柴崎達也(名義)訳 講談社 1977年)
  • ジョン・アーリックマン『ザ・カンパニー』角川書店 1978年)
  • ジュリアン・シモンズ『殺人計画』(新潮文庫 1978年)
  • H.G.ウェルズ『タイム・マシン』(世界文学全集、学習研究社、1978年)
  • マーシャル・キルダフ、ロン・ジェイヴァーズ『自殺信仰 「人民寺院」の内幕とガイアナの大虐殺』(講談社 1979年)
  • スティーヴンソン宝島』(世界文学全集、学習研究社、1979年)
  • ロバート・クライトン『わが故郷は荒野に』(早川書房 1979年)
  • ブライアン・クラーク『この生命誰のもの』(河出書房新社 1979年)
  • ジョージ・オーウェル『カタロニア讃歌』(世界文学全集 学習研究社、1979年) のちハヤカワ文庫
  • ロイ・ウィンザー『息子殺し』(光文社(カッパ・ノベルス)1980)
  • カート・ブレント、ケイ・バチェラー『You あなた自身を探検しよう』(あずさ書房 1980年)
  • アンソニー・グレイ『毛沢東の刺客』(文春文庫 1980年)
  • ミロバン・ジラス『クレムリンとのわが闘争 私はスターリンに裏切られた』(学習研究社 1980年)
  • R.W.クラーク『暗号の天才』(新潮選書 1981年)
  • エゴン・ラーセン『武器としてのジョーク』(TBSブリタニカ 1981年)
  • ジェイムズ・ロウ『核ジャック部隊 プルトニウム千億円を奪え!』(光文社カッパ・ノベルス、1982年)
  • ロバート・グリーン『おとり捜査』(河出書房新社 1982年)
    • 『アメリカン・ハッスル』河出文庫(上下)、2013年
  • ウオルター・ネルソン『女王陛下が捕われた日 バッキンガム宮殿占拠事件』(光文社カッパ・ノベルス、1982年)
  • ブライアン・フリーマントルKGB』新潮選書 1983年)
  • ブライアン・フリーマントル『CIA』(新潮選書 1984年)
  • ブライアン・フリーマントル『FIX 世界麻薬コネクション』(新潮選書 1985年)
  • ジョン・アーリックマン 権力の裏切り (角川書店 1985年)
  • ジョージ・ジョナス『標的は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫 1986年、新版2005年)
  • ジェームズ・ジョーンズ地上より永遠に』(全4冊 角川文庫 1987年)
  • マーク・ブレス、ロバート・ロウ『キッドナップ・ビジネス』(新潮社 1987年)
  • フリーマントル『第五の日に帰って行った男』(TBSブリタニカ 1987年 のち新潮文庫)
  • フリーマントル『産業スパイ 企業機密とブランド盗用』(新潮選書 1988年)
  • ラッセル・ベイカー『怒る楽しみ ベスト・コラム46』(河出書房新社 1988年、河出文庫 1992年)
  • フリーマントル『十二の秘密指令』(朝日新聞社 1990年 のち新潮文庫)
  • ジョン・アーリックマン『チャイナ・カード』(角川書店(上下) 1990年)
  • アイラ・バーカウ『ヒーローたちのシーズン ベスト・スポーツ・コラム45』(河出書房新社 1990年)
  • フリーマントル『食に神が宿る街』(TBSブリタニカ 1991年)
  • アーノルド・クラミッシュ『暗号名グリフィン 第二次大戦の最も偉大なスパイ』(新潮文庫 1992年)
  • ロバート・コンクエスト『誰がキーロフを殺したのか』(時事通信社 1992年)
  • ジェラルド・L.ポスナー『ヒトラーの子供たち』(ほるぷ出版 1993年)
  • ウィリアム・コーソン他『スパイは未亡人を残した』(文藝春秋(上下) 1993年)
  • ドロシー・マツオ『若者たちの戦場 アメリカ日系二世第442部隊の生と死』(ほるぷ出版 1994年)
  • 李志綏 『毛沢東の私生活』(上・下)、(文藝春秋 1994年、文春文庫、1996年)
  • フリーマントル『バウンティ号の叛乱』(原書房 1996年)
  • マイクル・シェルダン『人間ジョージ・オーウェル』(河出書房新社(上・下) 1997年)
  • クリストファー・シルヴェスター編『インタヴューズ』(文藝春秋 全2巻 1998年/文春学藝ライブラリー 全3巻 2014年)、訳者代表
  • フリーマントル『ユーロマフィア』(新潮社 1998年、新潮文庫(上下) 2001年)
  • タッド・シュルツ『フィデル・カストロ カリブ海のアンチヒーロー』(高沢明良共訳 文藝春秋 1998年)
  • ボブ・ウッドワード『権力の失墜 大統領たちの危機管理』(全2巻)、(日本経済新聞社 2000年/日経ビジネス人文庫、2004年)
  • ガーネット傑作集 2 アスペクツ・オブ・ラブ』(河出書房新社 2004年)
  • ジム・B.スミス、マルコム・マッコネル『ラスト・ミッション 日米決戦終結のシナリオ』(麗澤大学出版会 2006年)

脚注[編集]