新島善直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新島善直

新島善直(にいじま よしなお、1871年7月23日(明治4年6月6日) - 1943年2月7日)は北海道帝国大学の教授、林学の学者である。

幕府直参の新島善之の長男として東京府小石川に生まれた。中村正直同人社に学び、1888年に駒場農科大学予科に入学し、1889年赤坂日本基督教会ヒュー・ワデルから洗礼を受ける。農科大学では林学を専攻し、助手として残る。

1899年札幌農学校に森林科が設置されると教授として招聘される。1905年からドイツギーセン大学造林学森林学を学び学位を取得する。1908年エーメルと結婚し帰国する。

帰国後、北海道帝国大学農科大学林学科の初代教授として1933年まで務め、造林学、森林保護学、森林美学などを教えた。また、北海道の森林保護に尽力した。

また、札幌北一条教会の長老として林竹治郎らと共に教会を支えた。北大を退任後に北星女学校(北星学園)の校長として女子教育に従事する。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2198号「叙任及辞令」1934年5月3日。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年。