新居浜中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新居浜中継局
新居浜市大生院より
新居浜市大生院より
局名 新居浜中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
空中線形式
凡例
ST6段(NHK-TG・FM、RNB-A)
6L3段4面(EBC-A、itv-A、eat-A)
2L3段4面(NHK-TE)
2L4段4面(FM愛媛)
送信放送局 NHK松山放送局(テレビ・FM・AM)
RNB南海放送(テレビ・AM・FM補完)
EBCテレビ愛媛
itvあいテレビ
eat愛媛朝日テレビ
エフエム愛媛
空中線電力 デジタル:300W
アナログVHF映像:100W
アナログUHF映像:3kW(EBC)、1kW(ITV、eat)、200W(ITV補完波)
FM:100W
AM:500W(NHK1)、100W(NHK2)、1kW(RNB)
受信元 STL
指向性 あり
放送区域 愛媛県新居浜市西条市今治市越智郡上島町の各一部
受信世帯 約136,000世帯
開局 1943年3月28日
設置場所 愛媛県新居浜市
テンプレートを表示

新居浜中継局(にいはまちゅうけいきょく)は愛媛県新居浜市にあるテレビジョン放送ラジオ放送の大規模中継局で、愛媛県東予地方の基幹局である。

放送区域[編集]

地上デジタル放送におけるこの中継局の電波法に定める放送区域(1mV/m)は愛媛県新居浜市西条市今治市越智郡上島町の各一部、約13万6000世帯である。

在松山放送局の中継局があり、東予地方の広い範囲に電波を発射している。

歴史[編集]

施設[編集]

送信施設は全局とも新居浜市の北西にある金子山206m付近に位置する。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK
松山総合
41 300W 3.2kW 愛媛県 約13万6000世帯
2 NHK
松山教育
39 全国
4 RNB
南海放送
47 4.1kW 愛媛県
5 eat
愛媛朝日テレビ
51 2.9kW
6 itv
あいテレビ
49
8 EBC
テレビ愛媛
43 4.1kW
※全局局名は新居浜局
※全局に指向性あり
※中継局のためコールサインなし

地上アナログテレビジョン放送送信設備(2011年7月24日送出終了)[編集]

ch 放送局名 コールサイン 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
2+ NHK
松山総合
(JOZQ-TV) 映像250W/
音声63W
映像1.55kW/
音声390W
愛媛県 -
4 NHK
松山教育
なし 映像1.25kW/
音声310W
全国
6+ RNB
南海放送
JOAL-TV 映像1.45kW/
音声370W
愛媛県
14+ eat
愛媛朝日テレビ
なし 映像1kW/
音声250W
映像21kW/
音声5.3kW
27- ITV
あいテレビ
16- 映像200W/
音声50W
映像4.2kW/
音声1.05kW
36+ EBC
テレビ愛媛
映像3kW/
音声750W
映像57kW/
音声14kW
※全局局名は新居浜局
※全局に指向性あり
※2ch、6ch、14ch、36chはオフセット+10kHz局※27ch、16chはオフセット-10kHz局
※16chは、デジタル混信対策による補完波。
※カッコ内のコールサインは廃止

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
87.0 NHK
松山
FM
100W 520W 愛媛県 -
89.2 エフエム愛媛 440W
91.7 RNB
南海放送
200W
92.6 NHK
松山第1放送
480W 15,0812世帯
※局名は新居浜局
※全局に指向性あり

補足[編集]

EBCのデジタル中継局は、アナログと同敷地ではなくRNBのアナログ送信所・デジタル中継局内に同居している。なお、EBCのアナログ中継局内にFM愛媛の中継局が同居しているが、アナログ停波後の現在はFM愛媛単独の使用になっている。また、デジタル放送開始に際しては、RNBの中継局鉄塔に新たにデジタル放送用のアンテナを追加できるスペースが無かったため、アナログ放送用アンテナの横にせり出させる形で新たなアンテナを取り付けた。アナログ放送終了後はアナログ放送用アンテナを取り外して新たにワイドFM用のアンテナを取り付けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]