新小倉橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
神奈川県道510号標識
新小倉橋
新小倉橋
基本情報
日本
所在地 神奈川県相模原市緑区谷ヶ原 - 小倉
交差物件 相模川
建設 大成、住友、相模土建JV
開通 2004年3月6日
座標 北緯35度35分14.7秒東経139度17分54.5秒座標: 北緯35度35分14.7秒 東経139度17分54.5秒
構造諸元
形式 RC固定アーチ橋
全長 193m
11.25m*2=22.5m (上下分離橋)
最大支間長 150m(アーチ支間)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
新小倉橋と小倉橋(手前)

新小倉橋(しんおぐらはし)は、神奈川県相模原市緑区神奈川県道510号長竹川尻線津久井広域道路)にあり、相模川に架かる道路橋である。

概要[編集]

1938年(昭和13年)に開通した小倉橋は、道路幅が4.5mと狭く、一車線しかない道幅のため交互通行を強いられ、朝の通勤時や行楽シーズンなどには渋滞が発生していた。 そのため、約100m上流に地域住民の悲願でもあった、片側2車線の新小倉橋を建設することとなり、1989年(平成元年)に着工し、2000年3月竣工、2004年3月6日に16年目にしてやっと開通した。 

新小倉橋の開通によって、渋滞することがほとんど無くなり、利便性の悪さが解消された。

小倉橋より標高の高い地点に大径間の橋梁を建設するために、小倉橋と新小倉橋が重なる景観に十分配慮し、各部位を軽快に見えるようにデザインされている。架設工法は建設時は日本での施工事例がほとんど無かったピロン工法を用いるなど、当時の最新工法が用いられた。

また、毎年夏の短期間の夜に、小倉橋と共に新小倉橋のライトアップが行われており、幻想的な光に照らし出される橋を見ることができることでも知られている。

構造諸元[編集]

  • 用 途: 道路橋 (B活荷重)
  • 支 間 割: (アーチ支間)150.0m
  • PC定着工法: VSL工法、ディビダーク工法
  • 架設補助工法: 斜吊り材を用いた張出し工法(ピロン工法

位置[編集]

近隣の橋[編集]

(上流)- 三井大橋 - 城山大橋(城山ダム) - 新小倉橋
新小倉橋 - 小倉橋 - 高田橋 - 相模川水路橋 - 新昭和橋 -(下流)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 相模の橋 今と昔(神奈川県土木部)

外部リンク[編集]