新富町駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新富町駅
2番出入口(2010年1月)
2番出入口(2010年1月)
しんとみちょう - Shintomicho
Y 19 銀座一丁目 (0.7km)
(1.3km) 月島 Y 21
所在地 東京都中央区築地一丁目1-1
駅番号 Y 20
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 Y 有楽町線
キロ程 22.4km(和光市起点)
電報略号 トミ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
38,517人/日
-2014年-
開業年月日 1980年昭和55年)3月27日
テンプレートを表示
ホーム(2006年8月1日)

新富町駅(しんとみちょうえき)は、東京都中央区築地一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線である。駅番号Y 20

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。有楽町線の駅で相対式ホームを有するのは氷川台駅と当駅のみである。

当駅は鉄筋コンクリートボックスラーメン構造を採用している。この構造では、頂板(天井のコンクリートスラブ)の支間を小さくするため、2本の線路の間に柱部材を設けるのが原則である。しかしながら、当駅ではこの柱が見られない。これは、接続する本線部が複線シールド工法を用いており、駅部に柱を設けると複線シールドの断面も大きくしなければならず、これを回避したことによる[2][3]

当駅が終着駅であった時には、銀座一丁目寄りに折り返し用の渡り線があったが、新木場への延伸により途中駅になるのに合わせて不要となったため、撤去された。しかし、撤去された跡が残っているので、確認することは容易である。

若干カーブがかかっているため、B線(池袋・小竹向原・和光市方面)行きホームは、時間帯により駅員による立ち番がいる。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 月島豊洲新木場方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員38,517人であり[4]、東京メトロ全130駅中88位。

近年の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車・乗降人員[5]
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
出典
1992年(平成04年) 20,156 [* 1]
1993年(平成05年) 19,795 [* 2]
1994年(平成06年) 19,625 [* 3]
1995年(平成07年) 19,899 [* 4]
1996年(平成08年) 19,526 [* 5]
1997年(平成09年) 19,216 [* 6]
1998年(平成10年) 19,268 [* 7]
1999年(平成11年) 18,620 [* 8]
2000年(平成12年) 18,466 [* 9]
2001年(平成13年) 18,356 [* 10]
2002年(平成14年) 18,077 [* 11]
2003年(平成15年) 37,951 18,175 [* 12]
2004年(平成16年) 37,673 18,608 [* 13]
2005年(平成17年) 38,815 19,088 [* 14]
2006年(平成18年) 39,781 19,586 [* 15]
2007年(平成19年) 40,944 20,432 [* 16]
2008年(平成20年) 41,289 20,507 [* 17]
2009年(平成21年) 40,549 20,107 [* 18]
2010年(平成22年) 39,300 19,493 [* 19]
2011年(平成23年) 37,440 18,652 [* 20]
2012年(平成24年) 37,707 18,653 [* 21]
2013年(平成25年) 38,623 19,159 [* 22]
2014年(平成26年) 38,517 19,132 [* 23]

駅周辺[編集]

築地と新富の境界に立地する。

バス路線[編集]

路線バス[編集]

新富町

中央区役所

新富二丁目

  • 江戸バス(中央区コミュニティバス)(日立自動車交通)
    • 北循環 八丁堀駅・東京駅八重洲北口・新日本橋駅方面

水上バス[編集]

明石町・聖路加ガーデン前

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Y 有楽町線
銀座一丁目駅 (Y 19) - 新富町駅 (Y 20) - 月島駅 (Y 21)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有楽町線新富町、月島、新木場駅に設置! (PDF)
  2. ^ これらの条件の結果、車両を邪魔する柱がないことから、有楽町線の地上区間が開通するまでの間、営団の車両紹介の公式写真や鉄道雑誌などの公的資料の写真は、当駅で撮影されたものが圧倒的に多い。
  3. ^ 同様の構造は近鉄難波線の各駅でも見られる。
  4. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング
  5. ^ 統計データ - 中央区
  6. ^ 各種報告書
  7. ^ 東京都統計年鑑

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]