新宮城 (安芸国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
新宮城
広島県
城郭構造 山城
天守構造 無し
築城主 熊谷氏
築城年 不詳
主な城主 熊谷氏、末田氏
廃城年 天正19年(1591年)頃?
遺構 曲輪、縦堀

新宮城(しんぐうじょう)は、安芸国三入庄(現広島県広島市安佐北区可部町下町屋)に存在した日本の城

概要[編集]

根ノ谷川桐原川が合流する地点の丘に作られた山城。標高は低いが急峻で険しい地で、三入高松城の支城である。この場所は三入新庄への入口に当たり、その抑えとして重要視された。

現在残されている遺構は、最高所の曲輪とその南の三入八幡神社境内が建つ曲輪のみで、周辺は住宅地や農地として地形が改変されているため、城郭の全体構造を把握することは難しい。

歴史・沿革と三入八幡神社[編集]

現在、地域の信仰を集める三入八幡神社が新宮城跡に建っている。この八幡神社は熊谷氏が甲斐国から勧請、社領を寄進して保護に努めていた。この新宮城は熊谷氏の一族末田氏が支配しており、「群中国郡誌」によれば、末田氏が元亀年間(1570年1572年)から社職を務めていたとの記載がある。元亀3年(1572年)には熊谷高直が梵鐘を寄進している。この梵鐘は現在、広島市の重要文化財に指定されている。

三入高松城が廃城となった天正19年頃に廃城になったと推測される。城はなくなったが三入八幡神社は存続し、現在も社職は末田氏が務めている。

境内には早良親王(崇道天皇)のものとされる石積みが残っている。

丸子山墳墓群[編集]

三入八幡神社のある新宮城から南に伸びる尾根の最南端に丸子山(新宮城の支城跡)という低い山が存在していた。昭和51年(1976年)8月に発掘調査が行われ、この場所から約2000年前の女性と推定される全身の骨、そして左腕に嵌ったままの貝で作られた腕輪が発見された。調査の結果、この狭い領域に子供用の石棺を含め15基の石棺が発見された。当時は数十基の石棺が存在したが、新宮城の築城や神社の建立等で破壊されたと推定される。「貝の腕輪」に使用された貝は沖縄近辺の海にしかいない種類で、九州では数多く発見されているが、中国地方での発見は非常に珍しく、この丸子山墳墓群で出土したものが最大の大きさであった。現在の三入周辺を支配していた豪族が、極めて大きな勢力を誇っていたことが伺える。

後に丸子山は造成によって破壊されてしまったため、「貝の腕輪」は広島市文化財団が保管し、女性と子供の石棺は広島市立可部小学校で保存展示されている。

参考資料[編集]

  • 『広島県中世城館遺跡総合調査報告書 第1集』(広島県教育委員会)
  • 『可部町史』

関連項目[編集]