新大久保駅乗客転落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新大久保駅乗客転落事故
現場となった新大久保駅(2008年2月 撮影)
現場となった新大久保駅(2008年2月 撮影)
発生日 2001年(平成13年)1月26日
発生時刻 19時14分 ごろ (JST)
場所 新大久保駅 構内 (新宿区)
日本の旗 日本
路線 山手線
運営者 JR東日本
事故の種類 人身事故
原因 泥酔客を救助しようとし,線路に進入。
統計
死者 3人 (日本人2人、韓国人1人)
テンプレートを表示

新大久保駅乗客転落事故(しんおおくぼえきじょうきゃくてんらくじこ)は、2001年平成13年)1月26日(金曜日)の19時14分頃に東日本旅客鉄道(JR東日本)山手線新大久保駅で発生した鉄道人身障害事故である。

事故概要[編集]

山手線新大久保駅で泥酔した男性がプラットホームから線路に転落。その男性を救助しようとして線路に飛び降りた日本人のカメラマンと韓国人留学生が、折から進入してきた電車にはねられ、3人とも死亡した。

人命救助のために自らの命を投げ出したこの件は、美談として日韓両国で大きく報道されるとともに、事故の犠牲者を追悼・顕彰するプレートが新大久保駅のホームと改札の間の階段に設置された。このプレートには日本語と韓国語で事故の経緯等が記されている。その後、救出を試みた2人の遺族には当時の森喜朗内閣総理大臣より書状が贈られ[1]、警察庁からは警察協力章が授与された[2]

しかしカメラマンと暮らしていた母親は国や市からの表彰について、近所の知人に対して本当はそっとしておいてほしい、美談であっても息子が死んだ事には変わりがない、と嘆き、事故から数年後に孤独死した[3]

事故の翌年、今上天皇は死亡した韓国人留学生の両親を招待して慰労した[4]

最初に転落した男性が駅構内の売店で購入したを飲んでいたことが判明し、JR東日本は通勤圏の一部駅構内での酒類の販売を一時取り止めた。

対策[編集]

列車非常停止ボタンの設置例(JR東日本)

この事故をうけて国土交通省は、列車の速度が速く、かつ本数の多い駅について「駅ホーム上に列車非常停止ボタンを設置、または転落検知マットを整備する」「プラットホーム床下に退避スペースを確保する」2点の対策を取るよう全国の鉄道事業者に指導した[5]。その結果、2006年度末まで列車非常停止ボタンが全国の約1700駅に設置された[6]

新大久保駅では事故のあった年に、転落者が逃げ込めるようホーム下に避難スペースを設ける工事が行われた[7]

この事故を題材とした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 勇気ある行為を称える辞(森総理からの弔意) 首相官邸ホームページ 2001年1月29日
  2. ^ “救助しようとして死亡の女性に紅綬褒章”. NEWSWEB (NHK). (2013年10月4日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131007010332/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131004/k10015031011000.html 
  3. ^ “JR横浜線踏切事故:学ぶべきものは/神奈川”. 神奈川新聞. (2013年10月5日). オリジナル2013年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131006012044/http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1310050009/ 
  4. ^ 天皇夫妻、5年前の約束守る…李秀賢氏追悼映画試写会に出席 中央日報 2007年1月26日
  5. ^ 国土交通省鉄道局(監修). “魅力ある鉄道をめざして (PDF)”. 鉄道・運輸機構. 2013年10月8日閲覧。
  6. ^ 共栄火災(毎日新聞社)[1]
  7. ^ 「ズームアップ/鉄道 新大久保駅退避所新設工事(東京都)--ホームの下に"逃げ場"を造る」日経コンストラクション285号、2001年