新城公主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新城公主(しんじょうこうしゅ、634年 - 662年)は、中国の太宗李世民の二十一女。

経歴[編集]

李世民と長孫皇后の間に生まれた。642年、衡山公主に封ぜられた。魏徴の子の魏叔玉と婚約した。しかし魏徴の死後、魏徴の諫言をひそかに書き留めた文書があることに怒った李世民は婚約を取り消した。のちに公主は長孫詮に降嫁した。652年、新城公主に改封された。ときに長孫氏は武則天と争って没落し、長孫詮も巂州に流されて、まもなく暗殺された。公主は韋正矩に再嫁した。韋正矩は公主に不満で、彼女に乱暴無礼を働いた。662年冬、公主は突然死した。夫の韋正矩の暴行によるものと判明し、高宗は激怒して、翌年1月に韋正矩を処刑し、韋氏の家族を流刑に処した。公主は昭陵に陪葬された。

伝記資料[編集]

  • 新唐書』巻83 列伝第8「諸帝公主伝」