新北投駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新北投駅
駅舎
駅舎
新北投
シンペイトウ
Xinbeitou
所在地 台湾台北市北投区大業路700号
所属事業者 台北大衆捷運股份有限公司
台北捷運
キロ程 1.2km(北投起点)
駅構造 高架駅
ホーム 島式 1面2線
開業年月日 1997年3月28日
乗入路線 1 路線
所属路線 新北投支線
駅番号 R22A
北投 (R22)►
テンプレートを表示
台鉄 新北投駅 (廃止)
日本統治時代の駅舎
日本統治時代の駅舎
新北投
シンペイトウ
Hsin Peitou
北投 (1.2km)
所在地 台北市北投区
所属事業者 台湾鉄路管理局
等級 招呼駅
種別 廃駅
所属路線 新北投支線廃線
キロ程 1.2km(北投起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1916年4月1日
廃止年月日 1988年7月15日
テンプレートを表示
新北投駅
各種表記
繁体字 新北投站
簡体字 新北投站
拼音 Xīnběitóu Zhàn
注音符号 ㄒㄧㄣ ㄅㄟˇ ㄊㄡˊ ㄓㄢˋ
発音: シンペイトウ ヂャン
台湾語白話字 Sin Pak-tâu tsām
日本語漢音読み しんほくとうえき
英文 Xinbeitou Station
テンプレートを表示
ホーム

新北投駅(しんほくとうえき)は台湾を走る台北捷運新北投支線の終着駅。駅番号は(R22A)である。 付近には著名な温泉街、新北投温泉がある。また駅前より陽明山基隆方面へ向かうバスも出ている。彰化県民俗文化村に保管・展示されていた台湾鉄路管理局時代の駅舎は2017年春に当地に復活することになった。陽明山方面へ向かうロープウェイの建設計画がある。

利用可能な路線[編集]

廃止された路線[編集]

駅構造[編集]

駅階層[編集]

地上
二階
1番線 新北投支線北投方面へ北投駅
島式ホーム、車両左・右側のドアが開閉する
2番線 新北投支線北投方面へ北投駅
地上
一階
コンコース 出入口、コンコース、案内所、自動券売機自動改札機エスカレータ、トイレ(駅北側、改札内)

駅出口[編集]

出口は駅の東端にある。

  • 出口:(大業路) 身障者用エレベーター

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅名標(1934年)

台鉄新北投駅[編集]

  • 1916年4月1日 - 新北投線の開通に伴い開業(当時は「新北投停車場」と称した)。
  • 1937年:二代目の頭端式駅舎竣工。
  • かつて当駅と北投駅間はガソリンカーを運行する、戦後はディーゼルカー使用。
  • 1988年7月15日 - 新北投線が廃線、捷運工事着工。
  • 2017年4月1日 - 彰化県で展示、保存されていた駅舎が七星公園そばに復帰し、開所式[1][2]

台北捷運新北投駅[編集]

隣の駅[編集]

台湾鉄路管理局
新北投線(廃止)
北投駅 - 新北投駅
台北捷運
新北投支線
新北投駅 (R22A) - 北投駅 (R22)

出典[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、新北投駅に関するカテゴリがあります。