新倉山浅間公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新倉山浅間公園
Chureito Pagoda and Mount Fuji.jpg
富士山と忠霊塔
分類 街区公園
所在地
座標 北緯35度30分4.3秒 東経138度48分5.0秒 / 北緯35.501194度 東経138.801389度 / 35.501194; 138.801389座標: 北緯35度30分4.3秒 東経138度48分5.0秒 / 北緯35.501194度 東経138.801389度 / 35.501194; 138.801389
面積 4.29 ha
運営者 富士吉田市
テンプレートを表示

新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)は、山梨県富士吉田市新倉3353にある街区公園1959年10月設置[1]。新倉山の中腹にあり、広さは約4.3ヘクタール

麓には新倉富士浅間神社があり、園内には約650本のソメイヨシノ[2]と戦没者慰霊塔がある。

景観[編集]

富士吉田市内と富士山を一望できる公園で、五重塔(戦没者忠霊塔であり仏塔ではない)と、富士山を被写体とした写真が有名である[1]環境省が公表した富士山がある風景100選に選定されている。またルフトハンザ航空機内誌タイ義務教育課程で使用される教科書に掲載されたことがある[3]ほか、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』改訂第4版の表紙になり、同書で星二つの評価を受けたことがある[4]。このことや、富士山が世界遺産に登録されたことなどにより、富士山周辺の寺社は外国人の訪問が増加した、と富士山経済新聞は考察している[5]

山梨県が2011年タイ王国の観光会社へアピールしたことによって、「京都と富士を同時に見ることができる場所」として、特にタイ人からの人気・知名度が高い[6]。撮影・眺望ポイントは公園の隣の私有地で[3]、公園との間には高さ約5メートルの崖がある[3]。外国人を含む観光客が増加し、石積みや斜面に多くの観光客が来る状態になったため[7]、富士吉田市は、2015年(平成27年)9月上旬から同年12月にかけて、撮影・眺望ポイントを立入禁止として工事を開始し、柵などを設けた[1]

2016年4月には、初めて新倉山浅間公園桜まつりが開催された。外国人観光客に対応するため、出店の出店者には英語タイ語中国語の指差し会話カードが配布された[8]。さらに、忠霊塔から新倉山を約15分登るとアヤメの群生地があるため、同公園では6月頃に「あやめ祭り」も開かれている[9]

園内に植えられている桜(ソメイヨシノ)が老齢木となり樹勢が衰退しているため、管理を行っている同市では2018年より公益財団法人日本花の会の協力の下に所属している樹木医による桜の樹勢回復工事を実施している。2019年にはクラウドファンディングによる寄付を募ったほか、富士急行が100万円を寄付した[10]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防のため、2020年4月3日より閉鎖されていたが[11]、同年6月1日に展望デッキを除き再開放された[12]

施設一覧[編集]

忠霊塔と桜(2016年4月)
  • 咲くや姫階段[13]
    • 398段あり、長さは約200メートル[14][1]
  • 駐車場
    • 普通車87台。[1]
  • 李良枝の文学碑
    • 2016年5月22日除幕。李良枝が富士吉田で育った縁による[15]
  • 戦没者慰霊塔(忠霊塔)(所在:山梨県富士吉田市新倉宮林3360番1地目山林)
    • 鉄筋コンクリート製で[3]1962年に設置された高さ19.5メートルの塔。毎年9月に戦没者慰霊祭が行われている[16]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 新倉山浅間公園 富士吉田市 2016年6月27日閲覧
  2. ^ 新倉山浅間公園 フジヤマNAVI 2015年8月28日閲覧
  3. ^ a b c d 山梨)絶景人気の新倉山浅間公園 市、転落防止の整備へ朝日新聞デジタル(2015年5月13日)2020年1月5日閲覧
  4. ^ 「新倉山浅間公園からの富士山」、ミシュラン旅行ガイドの表紙に 富士山経済新聞(2015年6月25日)2020年1月5日閲覧
  5. ^ 富士山周辺の寺社を訪れる外国人増加 英語で書かれた絵馬も 富士山経済新聞(2015年9月4日)2020年1月5日閲覧
  6. ^ 富士山:「京都」と同時に見たい…タイ観光客に人気の場所 - ウェイバックマシン(2015年7月27日アーカイブ分)『毎日新聞』(2015年05月09日)2020年1月10日閲覧
  7. ^ 新倉山浅間公園に展望デッキ設置 利用者の安全・利便性確保へ 富士山経済新聞(2015年12月22日)2020年1月5日閲覧
  8. ^ 富士山・桜・五重塔を望む「新倉山浅間公園 桜まつり」初開催へ 富士山経済新聞(2016年4月5日)2020年1月5日閲覧
  9. ^ 新倉山浅間公園で「あやめ祭り」 富士山経済新聞(2016年5月27日)2020年1月5日閲覧
  10. ^ 「桜の樹勢回復へ 富士急行が寄付 富士吉田市へ100万円」日本経済新聞』朝刊2019年12月26日(東京経済面)2020年1月5日閲覧
  11. ^ 新型コロナウイルス感染症拡大を抑えるため、新倉山浅間公園を終日閉鎖します 富士吉田市(2020年4月11日閲覧)
  12. ^ 緊急事態宣言の解除に伴い、新倉山浅間公園を開放します。(※展望デッキは閉鎖継続中) 富士吉田市(2020年7月9日閲覧)
  13. ^ 新倉山浅間公園の階段「咲くや姫階段」に さんにちEye 山梨日日新聞電子版(2017年3月31日)2020年1月5日閲覧
  14. ^ a b c 新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)富士の国やまなし観光ネット 2015年8月28日閲覧
  15. ^ 李良枝さんの文学碑除幕 - ウェイバックマシン(2016年8月5日アーカイブ分)『さんにちEye 山梨日日新聞電子版』(2016年05月23日) 2020年1月10日閲覧
  16. ^ <桜の名所>新倉山浅間公園 富士山NET 2015年8月28日閲覧
  17. ^ 訪日外国人は高速バスでどこへ行く 増便しても予約困難な路線、なぜそこが人気なのか”. メディア・ヴァーグ (2018年6月16日). 2020年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]