新井宏昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新井鐘律から転送)
移動先: 案内検索
新井 宏昌
新井宏昌20140727.jpg
広島一軍打撃コーチ時代(2014年7月27日 マツダスタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市東成区
生年月日 (1952-04-26) 1952年4月26日(65歳)
身長
体重
174 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1974年 ドラフト2位
初出場 1975年7月25日
最終出場 1992年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本代表

新井 宏昌(あらい ひろまさ、本名同じ[1]1952年4月26日 - )は、日本の元プロ野球選手外野手)、プロ野球コーチ監督日本プロ野球名球会会員。大阪府大阪市東成区出身。

在日コリアンの三世として生まれ、かつての本名朴 鐘律[2][3][4](パク・ジョンリュル / パクジヨンリユル[3])。高校野球大学野球での登録名プロ野球ドラフト会議指名時点の通名新井 鐘律(あらい かねのり / あらい しょうりつ)[5]だった。のちに帰化日本国籍を取得し、本名と登録名が同一化された。

現役時代は南海ホークス近鉄バファローズで活躍。巧みなバットコントロールによる状況に応じたシュアなバッティングが特徴で、2000本安打に加え300犠打をマークするなどチームプレーにおいて欠かせない存在感を示し、65本の三塁打と165盗塁も記録した俊足でもあった。1992年に40歳で現役を引退してからは、野球解説者野球評論家としての活動をはさみながら、複数の球団でコーチや二軍監督を務めている。

長女は2011年ミス日本でミス着物に選ばれた新井寿枝画家ファッションモデル[6]、三女は2012年度ミス日本グランプリの新井貴子(モデル、アルティメット選手)[7]である。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1970年の夏、PL学園高校野球部主将として第52回全国高等学校野球選手権大会に出場。新美敏、田代克業(中大本田技研)両投手の好投もあり、PLにとって春夏通じて初の甲子園決勝に進出し準優勝[8]。大会第5号本塁打を放ち、一大会12安打の大会記録(当時)も樹立している。同年秋の岩手国体では、決勝で大分商を降し優勝。他のチームメートに1年下の行澤久隆がいた。プロ野球ドラフト会議では近鉄バファローズから9位指名を受けたが、「スカウトマンが挨拶に来た記憶が全くない」という状況でプロ入りを見送り、スポーツ推薦法政大学経営学部に進学した。

東京六大学リーグでは在学中2度の優勝を経験、2年生からレギュラーとなる。2年上に長崎慶一伊達泰司がおり、彼等の卒業後には外野手の中心として活躍。最上級生となった1974年に、1年生エース江川卓を擁し、秋季リーグで3年ぶりに優勝。同年の明治神宮野球大会では決勝で中大田村政雄に完封を喫し準優勝にとどまる。ベストナイン(外野手)1回。1974年の第3回日米大学野球選手権大会日本代表に選出されている。

現役時代[編集]

当初は小柄で線も細くプロ野球各球団のスカウトにマークされる選手ではなかったが、当時南海の選手兼任監督であった野村克也がテレビで日米大学野球を観戦していたところ新井のバッティングセンスに着目し、1974年のドラフト南海ホークスから2位指名を受け入団した。2年目にレギュラーを獲得し、1979年には打率.358で加藤英司に次ぐパシフィック・リーグ打率2位を記録。1981年1982年にも2年連続打率3割を記録。

1985年のオフ、「守るところもないし、体力的にもそろそろ限界」との理由からトレード要員とされたが、「金銭トレードではまずい、交換トレードで」との南海側の希望から、山口哲治との交換で[9]近鉄に移籍。

1987年には、打率.366・安打数184本を記録[10]し、初の首位打者を獲得。この安打数は130試合制であった当時の日本プロ野球記録であり、2004年にプロ野球再編問題で消滅した近鉄のシーズン最多安打記録だった。その後も毎年安定した成績を残し、読売ジャイアンツと対した1989年の日本シリーズではシリーズ通算23打数9安打の.391で敢闘賞を受賞した。また、南海時代は一度も経験しなかったオールスターゲームにも3年連続出場を果たしている。

1991年シーズン開幕直前に帰化。結果的に最後となる2年ぶり4度目の(過去3回同様の監督推薦で)オールスターゲームでは、広島市民球場で初回先頭打者として佐々岡真司からヒットを放ち、4回にも野村弘樹からライトスタンドにホームランを放った。

1992年、シーズン開幕戦では2安打と順調な滑り出しも、その後打撃不振に悩まされたが、7月8日に通算2000安打を達成[11]、名球会入りを果たした。同年、衰えを理由に戦力外通告を受け、40歳で現役を引退。なお、通算本塁打は88本で、100本塁打未達は2000安打達成者で初めてのケースとなった。

現役引退後[編集]

1993年毎日放送(MBS)野球解説者スポーツニッポン野球評論家を務めた。1994年、仰木彬に請われてオリックス・ブルーウェーブの打撃コーチに就任し、1995年はリーグ優勝、1996年は2連覇、日本一になり、その後は総合コーチ、二軍監督を務めた。「佐藤和弘」や「鈴木一朗」の登録名を「パンチ」・「イチロー」と変更するように考案したのは、新井であるという[12][13]

2002年日本放送協会(NHK)解説者・デイリースポーツ評論家を務め、2003年より2年間は福岡ダイエーホークスで打撃コーチを務め、村松有人川崎宗則らを育て強力打線を作り上げ、2003年のリーグ優勝、日本一に貢献した[14]2005年、仰木の下でオリックス・バファローズで一軍チーフ兼打撃コーチに就任し、2006年オフに成績不振の責任を取る形で辞任。

2007年から福岡ソフトバンクホークスの一軍打撃コーチを務めたが打撃陣の成績が低迷したため2008年に解任される。2010年よりオリックスで二軍監督を務める。2012年より打撃コーチ兼任となる。同年10月6日にコーチ解任が発表され、10月19日広島東洋カープの一軍打撃コーチに就任。丸佳浩菊池涼介松山竜平を育てた[15]

広島コーチ時代の2013年には、6月14日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)試合前練習のティー打撃で、フレッド・ルイスが放った打球がトスを上げていた新井の額に直撃。急遽搬送された病院の診察で、前額部の挫創や頭蓋骨の骨折が判明した。当初の診断では全治4週間だった[16]が、その後の検査で異常が見られなかったことから、同月22日の対東京ヤクルトスワローズ戦(マツダスタジアム)で現場へ復帰[17]。以降も一軍で打撃指導を続けた。2015年に打線の低迷[18]などからチームがレギュラーシーズン最終戦でクライマックスシリーズへの進出を逃したため、その責任を取る格好で球団へ辞意を申し入れたところ、球団は同年10月9日に新井の辞任を発表した[19]。ちなみに、辞意を明らかにした際には、「昨年まで(の野村謙二郎監督の下で)は楽しくやることができた。今季は(後任の緒方孝市)監督から代打の相談もほぼなかった。若い選手には頑張って欲しい」というコメントが報じられている[20]

広島のコーチ退任後の2015年11月には、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて、研修会を受講[21][22]2016年2月2日付で日本学生野球協会から資格回復の適性認定を受けたため、高校野球や大学野球も指導できるようになった[23]。2016年からNHKBSメジャーリーグ中継の解説者 (地上波にも出演) に復帰し、J SPORTSのオリックス戦の解説者にも出演。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1975 南海 50 207 188 29 57 7 3 1 73 16 7 1 3 1 14 0 1 8 0 .303 .353 .388 .741
1976 119 446 406 50 110 12 8 2 144 35 20 5 7 8 20 0 5 21 3 .271 .308 .355 .662
1977 121 469 409 63 93 15 5 1 121 21 14 3 12 3 40 1 5 38 6 .227 .302 .296 598
1978 116 387 344 31 87 8 4 1 106 17 6 5 15 2 24 1 2 25 5 .253 .304 .308 .612
1979 114 439 388 52 139 19 1 2 166 34 17 6 16 4 28 1 3 17 7 .358 .402 .428 .830
1980 112 374 324 38 85 15 1 6 120 43 7 6 18 3 29 0 0 26 6 .262 .320 .370 .691
1981 117 455 406 51 122 18 8 4 168 33 12 5 7 5 34 0 3 22 4 .300 .355 .414 .769
1982 114 459 413 50 130 29 4 7 188 41 12 6 11 1 32 3 2 17 3 .315 .366 .455 .821
1983 130 538 479 69 139 25 2 5 183 53 19 1 18 4 35 2 2 15 6 .290 .338 .382 .721
1984 127 479 412 55 118 25 1 4 157 39 14 5 20 5 40 0 2 19 6 .286 .349 .381 .730
1985 118 370 325 39 85 17 2 3 115 26 10 2 12 3 28 5 2 25 4 .262 .321 .354 .675
1986 近鉄 130 572 514 72 148 31 4 12 223 51 6 2 27 6 25 1 0 26 5 .288 .317 .434 .751
1987 128 568 503 67 184 22 5 13 255 67 5 4 22 7 34 0 2 26 5 .366 .403 .507 .910
1988 125 523 465 64 133 23 5 8 190 54 2 2 25 3 29 3 1 31 7 .286 .327 .409 .736
1989 124 521 444 64 134 25 2 7 184 47 6 2 31 3 40 1 3 22 8 .302 .361 .414 .776
1990 115 424 363 58 106 19 4 6 151 34 4 3 21 2 35 3 3 26 3 .292 .357 .416 .773
1991 110 391 333 43 103 16 2 3 132 44 2 0 24 4 28 3 2 26 3 .309 .362 .396 .759
1992 106 341 295 38 65 12 4 3 94 25 2 1 11 3 29 0 3 32 6 .220 .294 .319 .613
通算:18年 2076 7963 7011 933 2038 338 65 88 2770 680 165 59 300 67 544 24 41 422 87 .291 .342 .395 .737
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 首位打者:1回 (1987年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1987年) ※1994年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1984年4月7日、対阪急ブレーブス2回戦(大阪球場)、2番・左翼手で先発出場 ※史上244人目
  • 1000安打:1984年5月24日、対近鉄バファローズ9回戦(大阪球場)、5回裏に柳田豊から右前安打 ※史上130人目
  • 1500安打:1988年4月10日 対阪急ブレーブス3回戦(阪急西宮球場)、9回表に星野伸之から中前安打 ※史上54人目
  • 1500試合出場:1988年4月13日、対西武ライオンズ1回戦(藤井寺球場)、2番・中堅手で先発出場 ※史上86人目
  • 200犠打:1988年7月13日、対南海ホークス14回戦(大阪球場)、3回表に山内孝徳から ※史上6人目
  • 250犠打:1990年5月16日、対日本ハムファイターズ6回戦(日生球場)、5回裏に津野浩から投手前犠打の野手選択失策 ※史上3人目
  • 300二塁打:1990年7月29日、対日本ハムファイターズ18回戦(藤井寺球場)、9回裏に西崎幸広から二塁打 ※史上28人目
  • 2000試合出場:1992年5月17日、対福岡ダイエーホークス7回戦(藤井寺球場)、2番・右翼手で先発出場 ※史上27人目
  • 2000安打:1992年7月8日、対オリックス・ブルーウェーブ14回戦(藤井寺球場)、3回裏に伊藤敦規から右中間三塁打 ※史上26人目
  • 300犠打:1992年9月10日、対千葉ロッテマリーンズ24回戦(藤井寺球場)、6回裏に平沼定晴から ※史上2人目
その他の記録
  • 年間最少三振:6回 ※パ・リーグ記録
  • オールスターゲーム出場:4回 (1987年 - 1989年、1991年) ※すべて監督推薦選出

背番号[編集]

  • 6 (1975年 - 1985年)
  • 9 (1986年 - 1992年)
  • 69 (1994年 - 2001年、2005年 - 2006年)
  • 81 (2003年 - 2004年、2007年 - 2008年、2010年 - 2015年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参考リンク(インターネット・アーカイブの保存キャッシュ):
  2. ^ 「日本」から見たわが祖国の聖火 - 初出:文藝春秋1988年11月号 Archived 2015年3月3日, at the Wayback Machine. - 岩上安身の公式サイトより、同氏によるルポの転載。※「現役選手の場合」の章を参照(本人の発言とともに、国籍・本名についての記述あり)。
  3. ^ a b 『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(著:朴一、発行:講談社、発行日:2011年5月23日、書籍コード:ISBN 978-4062168854)P36より、在日コリアン三世として活躍したプロ野球選手の一人として「新井宏昌(本名、朴鐘律)」と記述。本名には「パクジヨンリユル」とのルビが振られている。
  4. ^ 『プロ野球人名事典2001』(著:森岡浩、発行:日外アソシエーツ、発売:紀伊国屋書店、発行時期:2001年5月、書籍コード:ISBN 4816916695)では、「本名・朴鐘律」との記載あり(読み仮名・国籍に関する記述は無し)。
  5. ^ ベースボール・マガジン社発行の『プロ野球ドラフト全史』シリーズに掲載された日本プロ野球歴代ドラフト指名選手リストに掲載された「新井 鐘律」の読み仮名を参照。2002年最新版(ISBN 978-4583612102)は「あらい しょうりつ」だが、2004年最新版(ISBN 978-4583613086)は「あらい かねのり」となっている。
  6. ^ 2011年度ミス日本ミス着物 新井寿枝
  7. ^ 2012年度ミス日本グランプリ 新井貴子
  8. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  9. ^ 『プロ野球トレード史II』。1992年、ベースボール・マガジン社。同書では近鉄側が交換要員とした山口が既に肩を壊していたため、事実上新井の単独譲渡に近い形態だったと分析している。
  10. ^ 年度別成績 1987年 パシフィック・リーグ
  11. ^ 脇役が主役になった日 新井宏昌「こういうの困るんだよ」
  12. ^ 阿川佐和子『阿川佐和子のこの人に会いたい』(文春文庫、1997年)P.20 イチローの回。少なくとも確実に仰木の考案ではない。
  13. ^ BS朝日『昭和偉人伝』2015年9月9日放送
  14. ^ 新井打撃コーチ 退団
  15. ^ 新井打撃コーチ辞任
  16. ^ 広島 新井コーチが頭蓋骨骨折 指導中に打球直撃 - スポーツニッポン2013年6月14日配信
  17. ^ 広島新井コーチ 今日から現場復帰 -  日刊スポーツ2013年6月22日配信
  18. ^ 広島新井打撃コーチ「打てない」責任で退団濃厚 -  日刊スポーツ2015年10月8日配信
  19. ^ 広島新井一軍打撃コーチが辞任「若い選手には期待」 - 日刊スポーツ2015年10月9日配信
  20. ^ 中国新聞2015年10月9日付スポーツ面記事
  21. ^ ノリ「誘い待っている」現役希望も…学生野球指導者研修会を受講 - スポニチ(2015年12月6日閲覧)
  22. ^ ノリ、高校野球監督にノリ気「お誘いがあれば目指したい」 - サンスポ(2015年12月6日閲覧)
  23. ^ 学生野球資格回復に関する規則第4条による適性認定者 - 日本学生野球協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]