新井破魔男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新井 破魔男(あらい はまお、天保14年(1843年) - 慶応4年9月5日1868年10月20日)?)は、新選組隊士。姓は荒井とも。

甲斐国出身。戊辰戦争勃発後、新選組に入隊。局長近藤勇および会津では隊長・山口二郎(斎藤一)の側近をそれぞれ務めた。白河口の戦いで負傷し、会津戦争において新政府軍の如来堂[要曖昧さ回避]襲撃により戦死と伝わるが定かではない。