新井田隆景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新井田 隆景(にいた たかかげ、生没年未詳)は、戦国時代安土桃山時代武将大崎氏の家臣。新井田城主。通称は刑部。姓に関しては新田(にった)ともいわれる。

上狼塚城主・里見隆成の子。美貌であったため主君の大崎義隆の寵愛を得たといわれ、これを恃みにして権勢を振るったため、大崎氏の同僚である氏家吉継と事あるごとに対立したとされ、これが天正16年(1588年)の大崎合戦の遠因になったとされる。

関連項目[編集]