新丸子東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 中原区 > 新丸子東
新丸子東
新丸子東の街並み
新丸子東の街並み
新丸子東の位置(川崎市内)
新丸子東
新丸子東
新丸子東の位置
新丸子東の位置(神奈川県内)
新丸子東
新丸子東
新丸子東 (神奈川県)
北緯35度34分38.02秒 東経139度39分44.39秒 / 北緯35.5772278度 東経139.6623306度 / 35.5772278; 139.6623306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
中原区
町名制定 1943年昭和18年)4月
面積
 • 合計 0.272810301 km2
人口
2021年(令和3年)12月31日現在)[2]
 • 合計 10,243人
 • 密度 38,000人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
211-0004[3]
市外局番 044(川崎MA[4]
ナンバープレート 川崎
※座標は新丸子東二丁目交差点付近[5]

新丸子東(しんまるこひがし)は神奈川県川崎市中原区の地名。現行行政町名は新丸子東1丁目から新丸子東3丁目で、いずれも住居表示未実施区域[6]

地理[編集]

クレール武蔵小杉

中原区中心部の一角に当たる区域。東急東横線新丸子駅東口からJR・東急武蔵小杉駅にかけて広がる住宅街・商店街があり、北から順に一丁目・二丁目・三丁目が設置されている。新丸子東三丁目の一部は武蔵小杉エリアの再開発対象地域として高層ビル建設が続いている。西は小杉町三丁目・新丸子町、北は丸子通一丁目、東は上丸子八幡町上丸子山王町一・二丁目・上丸子、南は市ノ坪中丸子下沼部と接する。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年) - 川崎市上丸子小杉の一部より新丸子東一-三丁目が成立[7]
  • 2007年(平成19年)から2011年(平成23年)にかけて、東京建物を施行者とした新丸子東三丁目土地区画整理事業が行われた。横須賀線武蔵小杉駅との連絡通路用地を確保し、なおかつ市街地再開発ともなっている[8]
  • 2019年(令和元年)10月 - 令和元年東日本台風(台風19号)では駅周辺の浸水被害が甚大であった。かつては下沼部との境界付近は多摩川の旧流路であったことが起因している。

世帯数と人口[編集]

2021年(令和3年)12月31日現在(川崎市発表)の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
新丸子東1丁目 1,424世帯 2,000人
新丸子東2丁目 1,543世帯 2,165人
新丸子東3丁目 2,535世帯 6,078人
5,502世帯 10,243人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移。

1995年(平成7年) 3,635人 [9]
2000年(平成12年) 3,748人 [10]
2005年(平成17年) 4,083人 [11]
2010年(平成22年) 8,616人 [12]
2015年(平成27年) 10,358人 [13]
2020年(令和2年) 10,634人 [14]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数の推移。

1995年(平成7年) 1,819世帯 [9]
2000年(平成12年) 2,032世帯 [10]
2005年(平成17年) 2,457世帯 [11]
2010年(平成22年) 4,661世帯 [12]
2015年(平成27年) 5,422世帯 [13]
2020年(令和2年) 5,695世帯 [14]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2022年3月時点)[15][16]

丁目 番地 小学校 中学校
新丸子東1丁目 全域 川崎市立上丸子小学校 川崎市立中原中学校
新丸子東2丁目 全域
新丸子東3丁目 全域

事業所[編集]

2016年(平成28年)現在の経済センサス調査による事業所数と従業員数は以下の通りである[17]

丁目 事業所数 従業員数
新丸子東1丁目 173事業所 870人
新丸子東2丁目 170事業所 1,747人
新丸子東3丁目 253事業所 4,145人
596事業所 6,762人

交通[編集]

武蔵小杉駅横須賀線口

鉄道[編集]

新丸子東はJR南武線東急東横線とJR横須賀線の線路が集中する区域で、新丸子駅武蔵小杉駅が利用できる。新丸子東三丁目の地下には南武線の武蔵小杉駅と横須賀線の武蔵小杉駅を連絡する通路が通っている。

道路[編集]

新丸子東二丁目を川崎市道川崎駅丸子線(南武沿線道路)が東西に通過している。また、新丸子東一・二・三丁目にかけて神奈川県道2号東京丸子横浜線(綱島街道)が南北に通過する。そのほか、以下の路線が周辺地域を通過している。

路線バス[編集]

武蔵小杉駅の各出口に停留所が設置されている。武蔵小杉駅の構造の都合により、停留所が複数に分散している。横須賀線小杉駅、小杉駅東口、小杉駅入口グランツリー前の各停留所が新丸子東三丁目にある。

施設・寺社[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

警察[編集]

町内の警察の管轄区域は以下の通りである[19]

丁目 番・番地等 警察署 交番・駐在所
新丸子東1丁目 全域 中原警察署 丸子橋交番
新丸子東2丁目 全域 武蔵小杉駅前交番
新丸子東3丁目 全域

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)” (日本語). 川崎市 (2018年5月22日). 2021年12月12日閲覧。
  2. ^ a b 令和3年町丁別世帯数・人口 12月末日現在 Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)” (日本語). 川崎市 (2022年1月25日). 2022年2月20日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  3. ^ a b 新丸子東の郵便番号”. 日本郵便. 2021年8月11日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  5. ^ Google Earthより
  6. ^ 区別町名一覧表(中原区)”. 川崎市 (2022年1月28日). 2022年4月2日閲覧。
  7. ^ 角川日本地名大辞典JLogos版「新丸子東」の項目より。
  8. ^ 完了地区概要 川崎市、2013年11月17日(2014年8月22日閲覧)。
  9. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  14. ^ a b 令和2年国勢調査の調査結果(e-Stat) -男女別人口,外国人人口及び世帯数-町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2022年2月10日). 2022年2月20日閲覧。
  15. ^ 中原区の小学校(町丁名順)”. 川崎市 (2021年4月1日). 2022年3月20日閲覧。
  16. ^ 中原区の中学校(町丁名順)”. 川崎市 (2021年4月1日). 2022年3月20日閲覧。
  17. ^ 平成28年経済センサス-活動調査 / 事業所に関する集計 産業横断的集計 都道府県別結果” (日本語). 総務省統計局 (2018年6月28日). 2019年10月23日閲覧。
  18. ^ 郵便番号簿 2021年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2022年2月28日閲覧。
  19. ^ 交番案内”. 中原警察署. 2022年3月20日閲覧。