新丸ゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
書体見本

新丸ゴ(しんまるゴ)はモリサワ丸ゴシック体およびそのフォント製品。1996年DTP向けPostScriptフォントとして発売された。

概要[編集]

モダンゴシック体として一定のシェアを築いた新ゴをベースとし、既に写植時代からリリースされている同社の丸ゴシック体である「じゅん」ファミリーとの棲み分けとしては、可読性(読みやすさ)、軽快さを追求した点にあるとされる。また「じゅん」では4ウェイトまでしかファミリー展開がなされておらず、すでに6ウェイトが展開され、幅広い媒体で使用されていたフォントワークス社のスーラに対し、モリサワのDTP向け丸ゴシック体としては初めてLからUまでの7ウェイト展開となった。しかし、平仮名の「い」「ら」などに「クセ」に近い特徴が見られる。

ユニバーサルデザインフォントである「UD新丸ゴ」もリリースされているが、これは「UD新ゴNT」を基にしたもので、漢字以外はかな書体『丸ツデイ(ネオツデイの丸ゴシック版)』の骨格が用いられている。UD新丸ゴは国内でスマートフォンなどに搭載されている。

ファミリー[編集]

  • 新丸ゴ L
  • 新丸ゴ R
  • 新丸ゴ M
  • 新丸ゴ DB
  • 新丸ゴ B
  • 新丸ゴ H
  • 新丸ゴ U

外部リンク[編集]