新しきソウルの光と道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新しきソウルの光と道
ダニー・ハサウェイスタジオ・アルバム
リリース 1970年7月1日
ジャンル ソウルミュージック
レーベル アトコ・レコード
プロデュース ダニー・ハサウェイ、リック・パウエル
チャート最高順位
  • 73位(米国)
ダニー・ハサウェイ 年表
Everything Is Everything
(1970年)
Donny Hathaway
(1971年)
テンプレートを表示

新しきソウルの光と道』(Everything Is Everything)は、アメリカのソウルシンガー、ダニー・ハサウェイ1970年にリリースしたファーストスタジオ・アルバム。(アトコ・レコードレーベルで1970年7月1日にリリース)。1969年、アトランティックと契約後のハサウェイの最初のリリースで、本作で評判を獲得した。

概要[編集]

1967年にハワード大学を中退後に、ハサウェイは彼の出身地、シカゴへ引っ越して、カーティス・メイフィールドらの下でキャリアを積み、本作を発表。

本作はハサウェイとリック・パウエルの共同プロデュース作品で、9曲の歌のうちの5曲を二人で作曲。 本作の代表曲の「Ghetto」、社会意識の高い「Tryin' Times」は、ルロイ・ハトスンと作曲した。 カバー(レイ・チャールズ「Believe to My Soul」、ニーナ・シモン「To Be Young, Gifted and Black」)、スピリチュアルあふれる(「Thank You Master for My Soul」)とラブソング("Je Vous Aime (I Love You)などで構成されている。

全米73位(R&Bチャートでは33位)を記録。このデビュー作を彼のベストアルバムと評価する声が高い。

山下達郎は本作を「無駄のない、曇りのないアルバム」として、高く評価している。[1]

曲目[編集]

  1. エヴリシング・イズ・エヴリシング "Voices Inside (Everything Is Everything)" (Richard Evans, Ric Powell, Phil Upchurch) – 3:28
  2. ジュ・ヴゼム "Je Vous Aime (I Love You)" (Donny Hathaway, Leroy Hutson, Edward Kennedy) – 3:31 - 'ダニーの妻、Eulaulah Hathawayに捧げた曲。'
  3. ただ我を信じて "I Believe to My Soul" (レイ・チャールズ) – 3:51
  4. ミスティ "Misty" (Johnny Burke, エロル・ガーナー) – 3:38
  5. シュガー・リー "Sugar Lee" (Hathaway, Powell) – 4:05
  6. トライン・タイムズ "Tryin' Times" (Hathaway, Hutson) – 3:15 - 'このメッセージソングは、ロバータ・フラック(1969年発表「First Take」に収録)とポップス・ステイプルによってすでに録音、カヴァーされていた'
  7. サンキュー・マスター "Thank You Master (For My Soul)" (Hathaway) – 5:50
  8. ゲットー "The Ghetto" (Hathaway, Hutson) – 6:50
  9. トゥ・ビー・ヤング、ギフテッド・アンド・ブラック "To Be Young, Gifted and Black" (Weldon Irvine, ニーナ・シモン) – 6:43 'ローレイン・ハンズベリーに対するニーナ・シモンの敬意の誇り高くて挑戦的な歌詞を、ダニーは新しいメッセージ ― 機会不足によって窮地に陥る多くの若者、才能のある人と黒人に対する哀悼の歌 ― を加えた』-リック・パウエル'

'ボーナストラック

  1.  ドリーム "A Dream" (Robert Ayers, Hathaway) – 4:14

Personnel[編集]

  • ダニー・ハサウェイ - vocals, electric piano, organ
  • Master Henry Gibson - conga
  • キング・カーティス - guitar
  • Phil Upchurch - bass, guitar
  • John Littlejohn - guitar, vocals
  • John Avant - trombone
  • Johnny Board - tenor saxophone
  • Oscar Brashear - trumpet
  • Clifford Davis - alto saxophone
  • Aaron Dodd - tuba
  • Morris Ellis - trombone
  • Marshall Hawkins (musician)|Marshall Hawkins - bass
  • Willie Henderson (musician)|Willie Henderson - baritone saxophone
  • John Howell - trumpet
  • Morris Jennings - drums
  • Robert A. Lewis - trumpet
  • John Lounsberry - French horn
  • Ethel Merker - French horn
  • Don Myrick - alto saxophone
  • Richard Powell - drums, percussion
  • Louis Satterfield - bass

脚注[編集]

  1. ^ ワーナーミュージック・ジャパン ATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000シリーズの2013年カタログ