断魚渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
断魚渓 2012年10月撮影

断魚渓(だんぎょけい)は、島根県邑南町(旧石見町)に位置する渓谷である。

江の川の支流、濁川上流約4キロメートルに亘る渓流で、流紋岩を浸食して形成された[1]。高低差は100メートルほどで、渓流の間には目立ったはない。しかし、谷底に千畳敷と呼ばれる岩盤が露出している。その岩盤には自然の摂理による水路、岩樋川が通る。断魚渓という名は、下流の神楽淵にある断魚の淵に因んでおり、の遡上を遮ることから名付けられた。嫁ガ淵、通仙橋、千畳敷、神楽淵など24の景勝地があり、散策路が設けられている[2]

漢学野田慎1844年-1899年)が断魚渓の24の景観を「断魚渓二十四景」と定めた[3]。野田慎が編集した『断魚渓題詠集』は、断魚渓の名を世に広めたと、NHKはいう[4]1935年に国の名勝に指定されており[2]、江川水系県立自然公園の指定区域である。

出典[編集]

  1. ^ 太田地方のジオサイト 断魚渓 (PDF) 山陰・島根ジオパーク構想のページ 島根大学大学院総合理工学研究科地球資源環境学領域
  2. ^ a b 島根県 : 断魚渓・千丈渓コース
  3. ^ 豪雨被災の断魚渓で新たな名所づくり2013年11月27日 山陰中央新報
  4. ^ 石見町・断魚渓 | NHK映像マップみちしる -新日本風土記アーカイブス-ビデオ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度55分45.1秒 東経132度28分27.9秒 / 北緯34.929194度 東経132.474417度 / 34.929194; 132.474417