斑目力曠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斑目 力曠(まだらめ りきひろ、1937年1月30日 - )は、日本の実業家ネミック・ラムダ(現デンセイ・ラムダ)創業者。真言宗大覚寺派僧侶。

略歴[編集]

京都府京都市出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業後、高野山大学大学院密教学専攻に進んだ。

伊藤忠自動車エンサイクロペディア・ブリタニカ日本支社、セキ製作所を経て、1970年、日本電子メモリ工業設立、1978年、同社の営業を引き継いでネミック・ラムダ(現デンセイ・ラムダ)設立、代表取締役社長に就任。

ネミックラムダは1991年店頭登録、1995年東証二部上場、1996年東証一部上場1998年、英国系親会社と対立し代表取締役会長兼社長の座を追われた。

密教僧侶でもあるため、その思想を経営哲学に取り入れた。「ゆらぎの球体経営」などを理念とした。

米百俵」の話を私財を投じて映画化した。(1993年『米百俵/小林虎三郎の天命』中村嘉津雄主演・沖田浩之など出演・島宏監督)。「米百俵」は後に小泉純一郎首相の所信表明演説で話題となった。

その後もベンチャー精神を発揮し、投資や経営などで活動中。講演活動も多い。マルチグラフィックス代表取締役やクリーク・アンド・リバー社監査役などを務める。

受賞歴[編集]

  • 第5回龍谷奨励賞
  • 第20回経済界大賞・異色企業賞
  • 平成8年度財界経営者賞

論文[編集]

関連書籍[編集]

  • 『変革時代を生き抜くゆらぎの発想 - ネミック・ラムダの挑戦』(鶴蒔靖夫著、IN通信社、1995年)
  • 『創業三昧 - 斑目力曠ゆらぎの球体経営』(昴光太郎著、ダイヤモンド社、1997年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【朝日GLOBE】2009年9月14日付「ハーバードで見つけた夢 世界を駆けるリーダーを育てたい」