斎藤要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斉藤 要(さいとう かなめ、1922年(大正11年) - 2004年)は、日本農学者農学博士北海道大学)。小樽商科大学名誉教授。元小樽短期大学学長。専門は物理化学商品科学

経歴[編集]

北海道小樽市出身。1946年(昭和21年)北海道帝国大学農学部卒業。1951年(昭和26年)北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。同年、北海道大学農学部講師農学博士 論文の題は 「魚類血清蛋白質の組成に関する比較生化学的研究」、[1] 同年、鹿児島大学文理学部助教授1962年(昭和37年)小樽商科大学商学部助教授。同年、同商学部教授1986年(昭和61年)小樽商科大学停年退官。同名誉教授。小樽女子短期大学教授。1989年同学長。

主要論文[編集]

  • 『魚類血液の生化学的研究 - V : 魚類血液の呼吸要素に就て』(鹿児島大学水産学部紀要 3巻、1953年)
  • 『原子力の利用に伴う環境の放射能汚染について』(小樽商科大学人文研究 26巻、1963年)
  • 『国際印度洋調査(IIOE)とSCOR-UNESCO化学比較作業について』(小樽商科大学人文研究 34巻、1967年)

参考文献[編集]

『北海道人物・人材情報リスト 2004 かーと』(日外アソシエーツ編集・発行、 2004年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
北村正司
小樽短期大学学長
第3代: 1989年1995年
次代:
小南武朗