斎藤肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
斎藤 肇
(さいとう はじめ)
誕生 1960年????
群馬県北群馬郡子持村(現:渋川市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 群馬大学
活動期間 1988年 -
ジャンル 推理小説ファンタジー小説
デビュー作 『思い通りにエンドマーク』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

斎藤 肇(さいとう はじめ、1960年 - )は、日本の推理作家ファンタジー作家。群馬県子持村(現:渋川市)出身。群馬県立渋川高等学校群馬大学工学部情報工学科卒業。

略歴[編集]

1983年、『奇数』で星新一ショートショート・コンテストに入選。同作は後に「世にも奇妙な物語」にて柳葉敏郎主演で映像化されている。

1988年、『思い通りにエンドマーク』で、講談社ノベルスから「新本格ミステリ」の作家として長編デビュー。星新一ショートショート・コンテスト出身で講談社ノベルスから長編デビューした新本格作家には、ほかに太田忠司奥田哲也がいる。

推理小説では、デビュー作を含む陣内先輩シリーズ3部作や、第2回本格ミステリ大賞(2002年)で小説部門最終候補作となった『たったひとつの』などがある。また、パソコン通信「NIFTY-Serve」推理小説フォーラムでSYSOPを担当。

ファンタジー作品も多く執筆しており、講談社ノベルス講談社X文庫ホワイトハートで刊行されている。

また、井上雅彦のアンソロジー『異形コレクション』(光文社文庫)にも短編を寄せている。

「たったひとつの」以降、単著での商業出版はないが、公式サイトからオンデマンドと電子書籍にて近作の購入が可能。

単行本リスト[編集]

推理小説[編集]

陣内先輩シリーズ3部作[編集]

  • 思い通りにエンドマーク (1988年6月、講談社ノベルス/1993年8月、講談社文庫)
  • 思いがけないアンコール (1989年3月、講談社ノベルス/1995年8月、講談社文庫)
  • 思いあがりのエピローグ (1989年6月、講談社ノベルス)

その他[編集]

  • 殺意の迷走 (1989年4月、天山出版 天山ノベルス)
  • 盗まれた死角 (1990年10月、徳間書店 トクマ・ノベルズ)
  • あいまいな遺書 (1991年8月、天山出版 天山ノベルス)
  • 夏の死 (1991年8月、講談社ノベルス)
  • たったひとつの 浦川氏の事件簿 (2001年9月、原書房 ミステリー・リーグ) - 本格ミステリ大賞候補作

ファンタジー[編集]

徳間書店 トクマ・ノベルズ
  • レイテア −砂の都 (1989年8月)
  • リクラノーム −水の都 (1990年3月)
講談社ノベルス講談社文庫
  • 魔法物語 上 黒い風のトーフェ (1990年2月、講談社ノベルス/1993年1月、講談社文庫/2017年5月オンデマンド版) - イラスト:佐竹美保(ノベルス版)
  • 魔法物語 下 青い光のルクセ (1990年2月、講談社ノベルス/1993年1月、講談社文庫/2017年5月オンデマンド版) - イラスト:佐竹美保(ノベルス版)
  • 新・魔法物語 竜形の少年 (1996年6月、講談社文庫)
大陸書房 大陸ノベルス
  • モンスター・バスターズ 1 戦士誕生 (1990年12月)
  • 異邦の狂戦士(マッド・ソルジャー) モンスター・バスターズ 2 (1991年12月)
講談社X文庫ホワイトハート
  • 魔宝伝説 上 (1992年9月) - イラスト:竹越千夏
  • 魔宝伝説 下 (1992年10月) - イラスト:竹越千夏
  • 夢魔の王宮 上 魔宝世界アヴァルー (1993年2月) - イラスト:竹越千夏
  • 夢魔の王宮 下 魔宝世界アヴァルー (1993年3月) - イラスト:竹越千夏
  • レミニッスンス 回想 (1993年7月) - イラスト:内田一奈
その他

ホラー[編集]

  • 廃流 (2000年1月、廣済堂文庫 異形招待席)

アンソロジー[編集]

「」内が斎藤肇の作品

作者サイトから入手可能な作品[編集]

  • 雪割り坂の殺人 思い出せないプロローグ
  • 分速十メートル(短編)
  • 鬼ノ在処
  • 非在時空(連作ショートショート集)
  • 小さなサーカス(異形コレクション収録作を中心にした短編集)
  • 大きなロボット(異形コレクション収録作を中心にした短編集)
  • ひゃくぶんのひゃく(ショートショート集)
  • 黒い風のトーフェ 魔法物語1、青い光のルクセ 魔法物語2(講談社から刊行され、絶版になっていたものの改稿版)

その他に、魔法物語のいくつかの短編がネット公開されていたが、現在は非公開。

外部リンク[編集]