斎藤秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

斎藤 秀一(さいとう ひでかつ、1908年 - 1940年)は、日本方言研究者エスペランティストローマ字論者。別名に森馥鳥海昇北島三郎野沢愛蘭

生涯[編集]

山形県東田川郡山添村(現:鶴岡市)に生まれる。駒澤大学1931年に卒業後、山形県の職員としての教員となり、小学校教員を務めていたが、軍国主義教育に批判的であったことと、児童にローマ字を教えていたことが問題視され、鶴岡警察署に1度目の逮捕。4日後に釈放されるも、この逮捕を理由に1932年解雇された[1]

教員時代から、国語国字論、方言研究、中国の文字改革運動の紹介、ローマ字運動、エスペラント運動などに関わり、その後も自宅で携わる。1934年には言語問題の雑誌『文字と言語』を発行し、ローマ字論田中館愛橘方言論東条操などの寄稿を得た。また1937年には全文エスペラントの雑誌Latinigo(ラティニーゴ、意味は「ローマ字化」)を刊行し、中国、インドシナインドネシアなどのアジアのローマ字運動の論考を集めた。しかし、国外との文通、反戦傾向の言動ゆえ、1938年治安維持法違反で2度目の逮捕となり、その後肺を病み、釈放後の1940年に病死した。

編著[編集]

  • 『東京方言集』- 1935年(1976年に国書刊行会から復刻)
  • 『支那語ローマ字化の理論』- 魯迅葉籟士他著、斎藤秀一訳、1936年

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 小林司、『出会いについて-精神科医のノートから』、1996年、NHKブックス。
  • 佐藤治助、『吹雪く野づらに-エスペランチスト斎藤秀一の生涯-』、1997年、鶴岡書店。
  • 大原蛍、「やまがた再発見6・斎藤秀一」、2010年5月17日、24日、山形新聞。